AIMS(エイムス)

No.11
ポイント 15
メーカー特徴 【OEMブランク】【国内生産】【上級者】
免責保証(3年) 定価の40%

ヒラスズキで有名な橋本氏が手掛ける上級者向きロッドメーカー「AIMS」

好きと答えた人の意見

・魚を掛けた時のバットからのしなやかなしなりが好きです。

・なんか好きです

・マニアック 個人商店的なところ

・今の流行りに流されない、ロッドと思います。流行りのファーストテーパー・パチンパチンの何処のメーカーのロッドと違う、魚のパワーバッド部分で受け止めるロッドが好きです。

・ロッドバランスがとにかくすばらしい。長時間のウェーディングでも疲れません

・使ってみた感じがよかった

・あんまり使ってる人を見た時がない。ブラックアロー96MHを使用してるがサイズ関係なしにしっかり曲がってくれて足元での急な突っ込みにも対応出来てバレにくい。

・しっかりと作りこんでいるのでよく曲がりよく粘ってくれるだからといってだるい感じではなくラインを通すとシャッキッとしてふりぬきやすいので

・硬すぎず柔らかすぎずヒラスズキ釣りにはちょうどいいかたさです、ガチガチのロッドはフックが曲がるし魚が身切れするし水揚げ率が悪いから、それとヒラ釣りでは引き波(海面が下がった時)でルアーをゆっくり粘らせて引きたいのだがロッドが硬いとルアーが泳がなくなるから

・他のロッドも好きなのですがブラックアロー96MHは特にメモリアルフィッシュに出会えたので。後はやっぱり使っていてキャストもランディングでも不安がない事です

・良いから

・扱い易い。保証が三年と長い。よく曲がるがバットは強い。派手な飾りが一切なく、飽きのこないデザイン。修理時のメーカーの対応が良い。

・防波堤釣りから初めて磯釣りを経験し、その後ルアーフィッシング(エギングも含む)にハマっていっています。それほど多くのロッドメーカーを使っていないのですが、使用したことのあるロッドの中で1番のお気に入りのロッドが「エイムス」ブラックアロー110MHです。このロッドはヒラスズキ用として購入しましたが、本命のヒラスズキこそ未だに釣り上げたことはありません。しかしながら、ゲストとしてヒラマサ・ブリや大型の真鯛を釣り上げているので、不意の大物にも対応できるという安心感あり、現在お気に入りのメーカーです。

・魚を掛けた時にテクニカルナローテーパーの凄さを実感できます。ドラグフルロックのゴリ巻きとかではなく竿が仕事をして、ドラグを出さずに魚が寄ってきます。

・トルザイトやナノアロイなど流行りの素材を使わずにしっかりとしたコンセプトでとても良いロッドを作ってます。

・とりあえずデザインがシンプルでかっこいい

・シーバスに特化したロッドを所有ダイワやシマノのロッドと比較してもロッドを溜めてるだけで魚が浮く、このメリットはシャローでは強いから

・試投した感じがとても良かったから

・かっこいいのとグリップと竿の曲がりが好きだから

・リップルフィッシャーがリストに無いのが残念。エイムスブラックアロー106m使用中。サーフヒラメがメインですが、15g前後のルアーから40gのジグもフルキャスト出来る。魚が掛かれば素直に曲がるし、パワーも今のところ文句無し。ばらしも少ないように思います。ガイドセッティングも◯。あまり他の人が使ってないのも理由のひとつ。今のところの唯一の不満はショートグリップで取り回しが良いのは良いんだけど、リールをセットしても重量バランスが少々前の方になってしまうとこぐらい。ショートグリップのロングロッドはエンドにウェイトセットできるとベストだと思うんですが…。

・バラしが少ないから

・ブラックアロー96MHショアアルティメットを使用中。堤防からミノー、トップウオータープラグで青物、シーバスを狙うスタイル。時に鰤も狙える。プラグを操作しやすいシーバスロッドでありながら、重いルアー(55グラムまで)を投げられる点、パワーがある点にひかれて購入した。巷のロッドのスペックを見ると、シーバス用だと重いルアーが投げられず、青物用だとメタルジグ使用想定でグリップが太く、ミノーが扱いづらいものばかり。ブラックアローは両者のいいとこ取りをし、非常に扱いやすい。青物はメタルジグよりミノー、トップの方が釣れると考える当方には最高の相棒です。

・やはり、大手と違い、ロッド一つ一つに性格があるロッド

・ブラックアローを使っているのですが、とても強いです。何が強いかというと、雑に扱っても折れないところです。学生なので、自転車釣行がメインなのですが、自転車でロッドを持って走っていて、ガードレールなどにぶつけても折れない。過去に何回か致命的なぶつけ方をしても折れない。こんなに強くて頑丈な竿ははじめてです。それに加えてパワーがケタ違いに強く、細かい操作ができる。頑丈でパワーと聞くと硬い竿に思えるがとてもしなやかで柔らかく、軽く振るだけで竿の弾力による安定した飛距離が出る。他メーカーの高感度をうたっている竿には勝てないが、感度も良好。今までいろいろなメーカーの竿を使ってきたが、こんなに凄いと思った竿ははじめて

・コンセプト通りの使い心地、テクニカルナローテーパーは釣りを楽しくさせてくれます!ルアーをキャストし、操作し、魚を感じて、かけて、引きを楽しむ!すべての動作が気持ちいい!飽きのこないデザインもグッド!

 

嫌いと答えた人の意見

・曲がると評判で買いましたが、106Mは自分の様な非力なアングラーにはキャスト時に曲げきれなかったです。後、重量バランスがシマノ4000番でも穂先寄りで持ってて疲れました。メーカーの説明とは違ったので余り好きでは無くなりました。

・社長が嫌い!

・橋本氏の曲がらない竿は仕事をしない竿だという言葉が嫌いだ

・性能のわりに値段が高い!

・代表の方にバカにされた事があるから。

・嫌いではないが、少し高い。

・・柔らかすぎで使いにくい。

・使った事がない

・他のメーカーで間に合う


好きなロッドメーカーランキング