DAIKO(ダイコー)

No.6
ポイント 53
メーカー特徴 【自社窯】【OEM提供元】【国内生産】【廉価版海外生産】【大手】【釣り業界撤退】【中級者~上級者】
免責保証(1年) 約20000円

今は無きダイコー。それでも支持率は上位をキープ。現役で使用しているアングラー多数!

好きと答えた人の意見

・ベリーの部分が他のメーカーより考えて?作られてると思います。ティップとバットは棒でいいのでベリーを作り込んでいるメーカーがでてきてほしいですね。

・旧UFMウエダの様な感じの竿が好きでダイコーは中学生の時に買ったデスペラードからずっと好きでした。今はm&nのプラッギングスペチアーレを使っています。

・職人気質を感じる事業撤退が残念

・ダイコーサイラスを使ってみてパワー表記よりパワーがあり、耐久性もあるので好きになりました。

・過度の装飾のない、落ち着いたデザイン雑に扱ってもトラブルの少ないガイド設計学生時代に初代アルテサーノを使っていた、思いで補正もあります

・信頼できに老舗メーカー!カリスマスティックは未だに現役バリバリです!

・健全な物作りの印象があるので!無くなってしまって残念です。

・プレミア88ml。シーバスを始めて友人から譲り受け初めてランカーを上げたメモリアルロッド。その後も他のロッドとのベンチマーク的な位置付けで使ってます。素直でパワーがあり今でも時々、自分の釣りを見直すために持ち出して再確認してます。

・一度使った事があり、軽くて使いやすかったから

・このメーカーのシーバスロッドを一本持っています。長さは7.6ft、おもに河川で使用してます。名前はフェルザス。すごく使いやすい、重すぎない、右巻きですが、リールのロックがゆるみにくい、魚を掛けてからも楽しいロッドであると言うことが、好きな理由です。

・扱いやすく曲げてとれる竿!

・初心者で全然釣れず、根掛かりした際遊びでガンガンシャクリをいれたり相当乱暴な扱い方をしてたにも関わらず未だに折れず現役でガンガン使える質実剛健さとシンプルなデザイン。

・まったり感が好き

・価格が高すぎず、かといって安物でも無いところ。通好みなメーカーのイメージがあるため。

・強く、軽いイメージ老舗、適度な粘りタイドマーク使用してます。

・アルテサーノエヴォルティア95/10を今でも愛用しております。最初はこんな強いロッド不要だなぁと思っていました。ですが、秋の激流な落ち鮎やちょっと時化すぎな平磯での磯マルをやりとりしていくうちに絶対的な安心感、キャストが上手く決まった飛距離は他のロッドより気持ち良く心地よいものがあります!大小関わらず、思い出に残る魚達を連れてきてくれました。残念ながらダイコーは廃業してしまいましたがこのロッドがもうルアー飛ばせないよって言うまではこいつと共に釣りに行きたいと思っています

・デザイン、軽さ、強度があること。

・ブランクメーカーならではのきちんと作りこまれた品質。釣り事業撤退されたのが惜しまれる

・手抜きのないしっかりとした作り。絶対的な信頼をおけます。丈夫さだけでなく、性能も研究し尽くされた真面目なメーカー。派手さは無いが、要所を解っているのでしょう。誰が使っても悪い所など見つけられない。

・初めて買った竿がダイコーでした。愛着が大きいです。

・ショアジガーなのですがロッキーショアパーガトリーを2本使用しております。しなやかながらも張りがありクロマグロ掛けた時も苦労はしましたが上げることができ信頼しております。復活を願ってやみません。

・何本か持ってますが作りが良い。

・や〇がはすぐ張りが無くなったようなダイコーロッドの張りは落ちない気がしました

・誠実そうなイメージで好きでした。実際に購入した製品も使いやすく丈夫で、安心して使えます。

・ブルーダーがいまだに現役だから。すごく取り回しが良いので好き。

・私に釣りを教えてくれた、祖父が使っていた遺品がダイコーの石鯛ロッドでした。祖父の勧めで初めて買ったロッドもダイコー笑笑バス釣りにハマっていた頃は、伊東さんに憧れメガバスのロッドをコレクションしていましたが使って楽しい自分の片腕と成ってくれるロッドではありませんでした。気がつけば、プレミアブロスやタイドマークが売らずに残っています

・過去ロッドに関する質問をメールでしたところ、非常に丁寧に回答がありました。またその際の回答も的を射ており、満足度が高かったことから、性能云々以上にメーカーとしての心意気を感じました。販売の分野においても、釣具店での実演販売?形式をとっており、メーカーの担当者に直接話を聞いて購入検討が出来るのは良かったです。それだけに、釣具事業からの撤退は大変惜しい。

・思ったところへ投げられ飛距離も申し分ない。操作性も良く感度も良い。なにより掛かったらバレない。自分の腕が上がったのかと勘違いしてしまうぐらいバレない。

・ルアーを投げた時の着水した時の誤差の少なさティップがロッドを振り抜いた時暴れ無いところ

・キャストがしやすい。竿の曲がりも好きです。

・現在はなくなってしまいましたが、30年前のバス釣りの時代より質実剛健で、しっかりとしたロッド造りのメーカーと安心感があります

・今はないメーカーだけどキャストの振り抜けや感度、持った時の軽さなのに折れる気がしない頑丈なブランクス。又、復活してほしい。他にもGクラフトやオリムピックも好きです。オリムピックは良く折れるけどつい又買ってしまいます。そして又折れるw折るのは主に準備したり片付けの時ですが。

・バス釣りに一番ハマっていた時に使っていたカリスマスティックがいろいろなバスを連れてきてくれたので思い出補正もあり好きなメーカーです。

・粘りがある

・昔から使っていて、なじみがある。個人的に、折れた事がない。

・ダイコーのブルーダーはいまでも使う1番のお気に入りです。

・比較的手頃でメイドインジャパンのロッドを作っていたから。今は既にフィッシング事業からは撤退されましたが、スカウトスナイパー、ヴァージャーとオフショアは未だに全てダイコーです。

・質実剛健なイメージ。アルテサーノキャステイシア8908とエボルティア9306を使っているが、どちらも感度が良く、大物がかかってからの粘りとパワーがある。事業撤退で非常に残念。特にエボルティアの方は、柔らかめなのに、ビックリするほど曲がってからの復元力があると感じている。

・シーバスのメインがダイコーなのですが、飽きがこないし使い込みたくなる竿なので好きです!

・単純にモノがいいので大好きなメーカーでした。今でもオクて中古を探しています。

・ランスマンのMLを使っていたが、安価なロッドの割に竿先の感度もよく長年活躍した。バチ抜けから沖堤防など幅広く使えた。ダイコーは無くなってしまったが、思い出深いロッドです。自転車の前輪に巻き込んでも傷一つ無かったです。

・事業撤退してしまったが良いロッドが多かったです。アーバンサイドで使うロッドとしては扱いやすいと思いました。残念です。

・昔から使っていたから

・コストパフォーマンスが良く丈夫で長持ち。

・一番無理なく大型とヤリトリが楽しめるから

・古くなっても使いたくなる。自分は未だに磯に河川に第一線で活躍してもらっております。

・昔から使っているが、質実剛健で純国産の老舗だったのに。。。釣り具撤退間際の迷走がなければ。。。

・初めて買った竿がダイコーだったので!まと復活してもらいたいです!

・ダイコーの石鯛竿多数所有してて、粘り腰の設計が好き。ルアー用もアルテサーノ、イノセントと3本所有しており、テーパーデザイン、ガイド設定位置等も大変好みです。

・この中ならダイコー。上記以外でも可能ならキスラー。キスラーが好きな理由はデザインとアルコナイトガイド。バスボートが多く、アルコナイトが一番長持ちするイメージ。

・昔から使っていて、デザインはシンプルですが、しっかりしたコンセプトでロッドを作っていたから。

・サーフロッドですが、軽くて扱いやすい。

・晩年まで自社工場製のこだわりを持ってロッドを作成し、その上で値段も安く購入できたところです。また、派手さはないがとてもいいロッドを作っていたのもポイントでした。

・費用対効果

・性能、対応、価格、見た目すべてが好み。DAIKOのロッドは折れる気がしないから、低価格帯からハイエンドまでガンガン使い倒せる。悪いところが見つかりません。

・現在では釣り業界から撤退してしまっているが竿の調子が良く魚を掛けた時にも安心してファイトできるから。

・ルアーのMAXウエイトを投げても安心できる強度(信頼性)。

・初めて買ったショアジギロッドがダイコーのジャークナイト。その後、天龍にも手をだしたが、体が慣れてるせいかジャークナイトは使いやすい。後、釣り場で出会った人とロッドの話になりロッドメーカーを聞かれたときにダイコーですと答えるのが気持ちいいです。なんとなく通っぽい感じがして。

・堅実なもの作り。

・国産,張りの強さ.

・倒産してしまいましたが、ラインアップが豊富で、癖もなく使いやすくトルク、飛距離に不満がない。購入直後のトラブルや不良品に当たったことがない品質の安心感。

・初代アルテサーノ3本所有です。ハリがあり、しなやか?ガイドは、自分で交換して使ってます。今でも、現役です。

・ソルトルアーを始めて20数年、最初に買った竿がスーパープレステージ。最後に買った竿(新品)がストームミリアー。好きな理由は有りすぎてもはやわからん。ただ、多い年で、年間釣行回数300越、ヒラスズキ200に迫る数釣ってきたが、魚で折れた記憶がない(ショアではある)。ヒラマサも、10キロマサは達成していないが、近いサイズとかなりの数を釣ってきたが、ダイコーへの信頼は揺るがない。釣り歴もまぁ、あるので、色々浮気もしたし、いい竿もあった。てもやはり、ダイコー。

・見かけ、性能、アフターなど。

・質実剛健な作りもう新作が作られないという郷愁

・丈夫でトルクフル。魚のバイトやボトムの状況がわかりやすい。

・なかなか自分好みの調子のロッドが見つからなかったところ、ダイコーフェルザスレガーロ使ってみたら、はまりました!

・強くて丁寧な造りをしてるから

・高いコストパフォーマンスと気持ちよくジグを操作できることまた昔から愛用している思い入れですね無くなったのが残念です

・釣り歴22年になります 初めて体験した黒鯛釣りで使用したのがダイコーの磯竿でしたそんなこともありルアー釣行でも使用する事になりました 大半ロッドは凄く粘りもあるし磯竿の様な曲がりも大好きです

・一本一本のロッドの作り、明確なロッドコンセプト。飾らないデザインの無骨さが好きです。初めてシーバスを釣ったのもダイコーでした。解散がとても残念です。

・今は無くなってしまったがダイコーフェルザス レガーロシリーズが一番好きでした。曲がる竿が一番やりとりしていて楽しい。今もたまに使っています。あとコルクもね!※現在はテンリュウ使用

・粘りのあるバット、キャスト時に力まず飛距離がでる。2万円代で購入でき、それ以上のコストパフォーマンスだと思います。復活して欲しい。

・カリスマスティックが初めてのダイコーロッドでした。ファーストテーパーのモデルでも魚を掛けると綺麗に曲がり、粘るブランクスは高弾性全盛期の時代に自分にとって衝撃的でした。最近、ダイコーが撤退する少し前に出たミドルエンドのロッド(エスクワイアー)を購入したのですが、キャストフィールやフッキングに至るまで、すごくしっくりときました。今では、新作の発表を心待ちにすることも出来ず寂しい限りですが、状態の良いものを見つけた時には何とも言えないワクワク感があります。これからも大事に大事に使っていきたいと思っています。

・高級感がある

・今まで使ったロッドの中で最高のロッドの上位二本がダイコーです。特に実売23000円程度のジャークナイトというロッドはキャストとファイトで特性が変わり、キャストでは気持ちよくティップからベリーで投げれるのにファイトだとベリーからバットが仕事をする最高のロッドです。

・クロスブリードを使用していました。一見柔らかいかな?と思われがちですが、魚が掛かってからの粘りが秀逸でした。なくなってしまったのが非常に悲しい

・各メーカーのシリーズによって好きな所があるので、一概にダイコーのみとは答えられませんが、非常に勿体無いメーカーでした。メーカー対応も素晴らしかった。ただ宣伝がだめだっただけなんだ。

・今は無きダイコーですが素晴らしい竿に出会えました。アルテサーノ使用しています。スペック以上の対応力、5g~50gのルアーを扱える。感度の良さ、掛けてからもバレない追従性と粘り強さがあると感じています。

・値段と性能のバランスが良く初めてシーバスを釣った思い出のロッドメーカー。これからも大切に使い続けます!

・ショアジギでランスマンを使っています。ほどよく軽く、更に粘りもあるので大型がかかっても他のロッドに負ける事はありません実際にコルトスナイパーやブルースナイパーと比較すると柔らかいので心配になりますが、センターからバットにかけてきれいなベンディングを描くので多少無理しても戦えます。無くなってしまったのが残念ですが。。。それと、使われているカーボンも中弾性が多いので粘りがあると思います。他のロッドメーカーはハリがありすぎたりして折れたりすることも多いので同じような使い方は出来ないと思います。

・タイドマークを購入して、その性能に惚れた。

・和歌山でショアジギングメインで釣りをしています。和歌山ではショアジギというとMCワークスとゼナックがほぼ占めており他人と同じロッドになるのが嫌なんで倒産したダイコーを愛用しています。もちろん使いごごちやショアジギロッドにしたら軽いってのも魅力です。あと値段の幅が広く入門時にも踏み込みやすかったのも好きな理由です。

・純粋なロッドメーカーだから

・値段以上の性能があり、デザインもシンプルで飽きがこなく、年末のセールで結構安くなるから大好きでした。復活してほしい…

・10年以上使っているが十分使える。MAXウエイト超えてるルアー投げても大丈夫。室温管理してる部屋で、職人が一本づつ手作りしていた。

・初心者から上級者まで、どこのお店でも、好きなグレード、好きなアクションを買えたところが良かった。いつでも出会えた頃が懐かしい、手に入らなくなり、改めてその存在の大きさに気づいた。願わくば、もう一度復活を願います。

・やはり、ロッドの素材メーカーなんでダイコーか天龍ですかね?ダイコーは、倒産したんでしたかね?

・時代の先端を走りすぎてたから(・∀・)

・ロッドの調子が好きです。

・スムーズにバットまで曲がる感じがいい。やりとりが楽。

・いろいろなメーカーを使ってみたけど1番扱い易かったから

・初代アルテサーノ3本所有です。張りがあり、しなやか?いまだに、現役です。ガイドは、PEに対応のため、自分で交換して、使ってます。ブランクは、今でも一級品?かな~(笑)

・無から使ってるから、信頼感がある。本当はウエダが好き。

・まず費用対効果。10000円クラスでも充分使える。ブランド名代えて他のメーカーで出しているのは値段が高いけど、ダイコーとして出しているはそれほど高くない。

・質実剛健な竿という事で選び使用しています。

・竿のトルク。国産(一部中国製もありましたが)、自社窯と言う安心感。デザインも好きでした。

・永年愛用していたのでとても使いやすいです。

・シンプルなのに作りがしっかりしている。ランスマンが特にいいですね。ブランクも無垢でいいですし、日本製なので作りもしっかりしています。ただ単に好きです。

・自分的に好きな番手が多かった。

・魚をかけた時のやりとりが楽しい。

・カッコイイ。釣友が使っているのを見て好きになった。

・粘り強くてとても使い易いです!無くなってしまった事に絶望を感じる程好きでした!

・トルク!持ったときのバランス!値引き!けど無くなっちゃった(´・ω・`)

・使ってる人を余りみないから。

・イノセントは最高のできのロッド。あつかいやすく価格もお手頃で良かった。撤退してしまったのが残念。

・質実剛健なかんじがすき。バスフィッシングをやっていた影響もあると思いますが。

・値が張る物が多いが,それ以上の価値を感じる。感度,パワー等の性能のどれをとっても申し分なく,しかも丈夫であり,自分の中では「本物」という感覚があるから。今は生産中止になってしまったのが,とても残念である。

・他ユーザーの皆さんが言われるように質実剛健、魚を掛けた後もターゲットを楽に寄せてくるところが1番の理由です。武骨で飾らないデザインも個人的にすごく気に入っています。ショアジギングロッドのTMRS100/13、シーバスロッドのDesperadoをそれぞれ所有していますが、どちらのロッドも経験の浅い私でも軽快にキャストでき、時にはそれなりの釣果をもたらしてくれました。実はルアーフィッシングにハマったのはここ2年内のことで、DAIKOのロッドを知った時には既にフィッシング部門を閉じられており、、、非常に残念でならない思いをしました。上記2本も、オークションで状態の良いものを探して探して、苦労して手に入れました。実戦でももちろん使いますが、私の宝物です。

・デスペラードから歴代シーバスロッドを使用しています??とにかく感度が良く強い??

・もの作りに誠実さを感じるからです(*^^*)ムダな装飾がなく、オールマイティーなモデルが多く私のようなサンデーアングラーには良かった。メーカーが倒産したのは本当に残念でならないです。

・Mクラスでも掛けやすいし寄せやすい。しかしもう売ってない。

・投げやすい!

 

嫌いと答えた人の意見

・使えなかった。

・自分には硬すぎた。

・昔バスロッドで使ってましたが、一度折れた事がありその時の対応がイマイチで嫌になり、それ以来ダイコーのロッドは使っていません。

・次は12か14かぁと思ってたら無くなっちゃいました

・記載された全てのメーカーを使用した事も、比較した事も無いのでコメントに困ります。なので、廃業したメーカーを選択しました。愛好者の方ごめんなさい。

・撤退したから泣(ToT)

・唯一の国産メーカーでありながら業界から撤退してしまった為。生き残っているメーカーも多々あるのですから是非存続の方法を模索して欲しかったです。応援の意味も込めての評価です。

・正直メジャークラフトさん以外は使った事ないんでわかりませんのでダイコーさんにしときます。確か去年に撤退したメーカーさんやったかな?なので(笑)

・以前は所有してましたがメーカー自体が釣り部門を撤退したから

・嫌いではないが、以前使用していたロッドで、ちょっと煽っただけで折れたから。タダそれだけです。

・いいメーカーだと思っていたが、無くなったため。基本的には嫌いなメーカーは無い。

・何度も折れた!修理して2回目の釣行でまた折れた、メーカーは付属の袋に入れて持ち運びしてないなら保証はできないと…それ以来買っていません。

・好きだったが釣り業界から撤退したから

・折れるイメージ

・折れやすい笑立てかけただけで折れたときは驚いたその他、派手な装飾でべらぼう高い物を売ってるメーカーは好きではない地味でも中身が良い方が好みです

・倒産したから

・先に書かせていただくと、嫌いなロッドメーカーというものがない。今時のロッドは昔に比べ良くできている。値段が手頃な物でも必要十分な仕事はしてくれるし、それなりの金を出せば昔には無かったような素晴らしいロッドもある。回りにはメジャクラは折れやすいとかメガバスは高いだけとか色々言ってる人もいるが、メジャクラだってあの低価格で色々なジャンルのロッドを作っているのは釣り人が新しいジャンルの釣りを始めるのを手助けしているだろうし、初心者のよき最初のパートナーになっていると思う。メガバスだって一時代を築いたメーカーで、釣り道具が性能だけではなくカッコイイ物であるという一つの価値を作り出した功績は認めるべきだと思う。それに対して難色を示す人もいるだろうがあの時代にあのスタイルに憧れて釣りを始めた人も多いだろうし、釣り人の増加を促進したという意味では釣り業界に大きく貢献したと思う。それに他のメーカーが出さないような攻めたロッドを出してくれるのも非常に面白い。(当時は一般的じゃなかったパワーのあるスピニング等)ダイコーを選んだ理由は良いロッドを作ってくれていたのにロッド事業から手を引いてしまったから。ロッド自体は素晴らしい物が多かった。多かったからこそまだまだ続けていってほしかった。ダイコーが嫌いというわけではなくダイコーがロッドを作れなくなった世の中に不満がある。

・嫌いなメーカーは特になく、ダイコーが嫌いなわけでもないが、フィシング事業撤退が残念なので。

・売り方さえ考えたらもっと売れたし、何より潰れなかったはず。会社の上層部が無能揃い。

・以前使っていて釣り部門から撤退後に修理だしたら無理と言ってきたから

・昔は持ってたけど投げて折れたの二回目(>_<)?

・重たいイメージと竿が硬いから。

・コルクしめるときに割れたしまった経験があります。

・一度使って取りまわしが悪かった。高いロッドではなかったので全てではないです。

・クオリティーが全体的に低い気がします。当然つける事が予想されるリールをつけたときのバランスの悪さなど、大手メーカーでは必ず解決してるはずのポイントが満足に修正されていない。エギングとメバリングのものを使ってましたが、そのような感想を持ちました。

・全体的にクオリティが低い気がします。特にリールとのバランスが気になりました。当然つける事が予想されるリールをつけたときのバランスの悪さが目立ちます。大手メーカーでは必ず解決している問題だと思うので、使用していてとてもストレスがたまりました。

・良いロッドなのに重いです…

・カリスマスティックを買ってすぐに折れてしまった事が有り、それ以降嫌いなロッドメーカーになってます。

・以前友人が使っていたがよく折れたから。

・もう販売しなくなったから

・グレ釣り用の磯竿はいい感じだったのにルアー用ダイコ―プレミアは1本目が根元で折れ使い方が悪かったと思いもう1本購入しまた同じ根元で折れたため残念な思いをしました。

・リールシートが好みではない

・使ったことが無い。あまり良い話を聞いたことがない

・もう潰れてしまったけど、アフターサービスに不満が。買って数回の使用でガイドがとれてしまったのに自己責任にされたから。

・ダイコーのロッドを所持しているが、手で曲げた時にメシメシっ!と小さな音がする。カーボンにムラがあるのか強度的に不安。

・地味すぎる。

・痒いところに手の届くバリエーションをラインナップしていたが、どれも中途半端なバランス。最後の方はそのイメージを無くそうとしたのか、ラインナップは減ったが、設計の仕上げがもう一歩

・以前、使った時に直ぐに壊れて使いものにならなくなっつpたから。

・嫌いというほどではないですがシマノのロッドと比べると重たく感じ疲れやすい気がします

・私の使い方が悪いのでしょうが、過去にPMRS-92MLプレミア シーバスでバラしが多く早めに手放し、次にフェルザス レガーロFZ-R96を手にしましたが、可もなく不可もなく まあ普通のロッドかな?という印象で値段の割には喜びの少ないメーカーだと。

・残念ながら、最後の方は魅力が無くなってました。安いなら、メジャークラ、アブ、高級路線にしては・・・な雰囲気を醸し出していたイメージです。質実剛健は健在だったと思うのですが・・・

・良い意味でハリがある、悪い意味で固いと感じたから

・買えなくなったのが一番ですね。会社的に苦渋の決断だったかもですが小遣いアングラー(底辺)には中々買い替えとか何本も持てないので吟味し大事にしてます。新作、買い替えの選考にも出来なくなりました。シーバスロッドは買い替え予定していたところの撤退だったので嫌いというか残念でした。

・いまいち使いたいと思わない

・レイドのプランクがダイコーだった気がするだけ(笑)金森氏の、喋り方が嫌いなだけ、各メーカー大して差は無いよく言う投げて巻いてれば釣れるし自分の釣りに合った好きなメーカーのロッドを使えばいいと思う。

・まだあるの?

・安っぽい

・値段と性能は比例していると感じるから。

・重くて硬い

・釣れなかったから(^o^)

・特に何処が嫌いと言うことはない。嫌いなメーカーは特にない。

・使いにくかった

・倒産してるから

・気に入った竿でしたが、メーカーが無くなりアフターサービスが心配です(>_<)

・釣り業界撤退したとか・・・特に嫌いなのはないですね この中には。

・継ぎ目があまい。特に2ピースロッド。


好きなロッドメーカーランキング