DAIWA(ダイワ)

No.13
ポイント 11
メーカー特徴 【自社窯】【一部上位機種のみ国内生産】【他すべて海外生産】【初心者~上級者】【信者】【大手】
免責保証 4000円~6000円

嫌いと答えた人の数が566人・・・。販売方法に不信感を多くのアングラーが抱きだしてきたダイワ。

好きと答えた人の意見

・コスメが好みであり、流通量も大手メーカーなので多いことにより選択肢と破損時の替えが効く。

・シマノ、アブファンタジスタのグリップが細くてしっくりしない。ダイワのグリップが好きです。

・ダイワ信者のため

・デザインが格好いいのと値段

・扱いの良さ、自分に合ってるから。

・ロッドの丈夫さや、価格の面で、気に入ってます。

・カッコいい

・デザインがいい操作性感動においてもとてもよくあとagsもとてもよくダイワが一歩リードしているとおもう

・信頼出来ると思ったから

・AGSやSVFコンパイルXとダイワ特有のガイド、カーボン素材が気に入ってます。

・Agsガイドの軽さと感度

・見た目がいいのと、使いやすい種類が豊富。

・リールがダイワなので、竿も基本的にはダイワになりがち。ダイワ以外だと、アンリパが好きですね。使いやすいイメージあるから。某さんの嫌いな(笑)アピアもレッドラインのLしか使ったこと無いけど、価格以上に使用感は悪くなかったですよ。最近はルアーあまりやらなくなったので参考にはならないかもですが・・・竿って自分の好み(カッコ良く言えばスタイル?w)にあうか合わないか?だと思っているので、メーカーとか高い安いとかはあまり気にして いないのが本音かな。

・感度が良く 細くてもバッドの力で魚を捕れる

・どんなのルアーでも使いやすい、マルチなスティーズシリーズのファン。

・大手故の保証のよさ、見て、触って買える流通量

・今23歳なのですが親の影響を受けて.小学1年生から釣りをしはじめて初めて買った竿がDAIWAだったので好きなメーカーはDAIWAです。ロゴ表記も若者向けを狙っていたり、ロッドのデザインも若者向けへのデザインがあるし渋いデザインもあるので好きです。

・昔から使っているのと、ロッドに限らず全体的にデザインが好きだから

・スペックごとの価格帯の住み分けができているため多少無茶をしても折れたことがないのであとはショアですが自分がソルティガ使いってのも理由になるかもです

・リールと揃えているのと、ほぼ全釣り具をカバーしているのでずっとメガバスが好きなんですが、やりたい釣り具が出て無い等で、ダイワに落ち着きました。

・モアザン愛用してるのでv(・∀・*)

・プリプレグのサプライヤーは東レ一辺倒、尚且つほぼネタ同然な多軸積層製法が横行する中、何だかんだでカーボンクロスを最も使いこなしているのはダイワだと感じる。SVFコンパイルXとAGSでフルキャストしたときの快感は、他のどのメーカーでも味わえません。

・中通し竿がメインなのでインターラインならダイワが1番なので。ガイド式ならどこも甲乙点けがたい…?

・最近シーバスを始めてダイワのラテオを購入したんですがコスパもよく気に入りました。

・デザイン、性能。釣りはほぼエギングのみで大のヤマラッピファンというのもありダイワ エメラルダスを愛用しております。

・メーカー規模のスケールメリットにより、価格的に中級機種でも、他メーカーの上級の下レベルと同等のパフォーマンスを発揮すると考えているからです。ロッドは、カーボンを自社窯で制作しているか否かがよく話題になりますが、私個人は、製品と価格のバランス、デザインセンス、それらを実現するためのスケールメリットで考えています。

・ブラジーノが愛竿だから。

・免責が、かなり良心的 商品だけなら、ヤマガブランクスの粘り強さ差が好きです。

・大きなメーカーさんならではの幅広いラインナップは選択肢が増えて有り難いです。いつかはモアザン…と思いながら早10年…やはり安心感が有るのが1番です。

・かっこいいから!

・今まで使ってきたけど折れたことがない単純にほかのメーカーのものを使ったことがない

・主にバス釣りをしているのですが、村上晴彦さんの釣りに対する思いや、考え方がとってもすきです。ですので、村上晴彦さんプロデュースのハートランドZを好んで使っています。そこが好きな理由です。単純にデザインも好きですが、AGSも個人的には竿を振りやすくなっているような感覚があるのでそこも好きな理由です。

・AGSの恩恵は大きいと思う!

・免責額

・昔から使っているから

・店頭に並んでのを見ていいなと思って手に取って見たときほとんどDaiwaのロッドでした!実際使っても扱いやすく好きです!

・今年初めたエギングで使っているロッド、エメラルダスで初めてアオリイカを釣る事が出来たから思い出に残っている

・ロゴがかっこいい!日本のブランドだから!最近釣り番組やっててよく目にするから

・やっぱりマグシールドでしょう!

・特に理由はありません。私もメーカーの戦略に踊らされているのだと思います。当方、カヤックフィッシングがメインですが、月に2回程度の週末アングラーです。結婚もしている為、釣具に掛けられるお金は限定されます。きっと竿の良し悪しも分かっていないでしょう。それくらいのライトユーザーにとって知名度のあるブランド力は安心感があり魅力的です。

・上記該当無しです上記回答はりっぷるふぃっしゃーです軽いのに粘る、踏んばる、軽いからキープキャストです価格が少し安ければ揃えれるんですけどねぇ

・ダイワとシマノとアブしか使った事がありませんが、デザインと竿のしなりがダイワがベスト?

・使うルアーにしっくりくるから。

・デザインが好き

・折れにくいイメージが強い

・ユーザーのニーズに幅広く対応しているから。本気な人→モアザンブランジーノAGSライトな人→ラテオ等電車やバイクで釣りに行く人→モアザンモバイル、モバイルパック、ソルティストMBSB、バス用のB.B.B等。

・ラインナップが豊富で選びやすくお店に在庫があるので実際に触れるから

・一番信頼してます。

・最初にオススメされて買って以来使い慣れているので好きです!

・コスパの高さ、免責額の安さ、要は大手の安心感。無難の枠の中でも攻めていると感じるロッドもあり、数あるロッドメーカーの中での自社の立ち位置をしっかり把握出来ていると思う。

・釣りを本格的に始めるにあたり、一番最初に買ったロッドのメーカーだからです。やはりダイワが扱いやすい!

・無難に扱いやすいから

・デザインが好き

・DAIWA 初めて買った本格シーバスロッド      がDAIWAで思い入れもありますが    モアザンシリーズの良さに惚れました    SHIMANO等他も使いましたが    モアザンが自分には一番でした。

・シーバスに特化し、デザインも良い。

・使いやすく、自分の釣りスタイルに合っている。

・やっぱりダイワ!もちろんどのメーカーも最高グレードの高いロッドは素晴らしいと思う。が、私の様な貧乏人は頑張っても中程度の価格しか手が出ません。そんな時、ダイワは中程度の価格帯でも多くの機能を据え置いてくれてると感じる。

・シマノ、ヤマガ、Gクラ、アピア、メジャクラ、エクリプスと色々試しましたが、結局大手ダイワがバランスが良い気がしました。自社開発のガイド等大手メーカーにしか出来ない製品開発はやはり魅力的です。

・折れた時の保障が安いですね。現在、アイマのロッドを使用しており気に入ってますが、折れたら修理には出さないですね。

・なんだかんだモアザンAGSはすごいと思うよ。いつかはダイワ…そして手にすると他には戻れない…もちろん財布はヒーヒー言うが所有欲が半端ないし…釣れない、バラしても絶対ロッドのせいにしなくなる!そう自分の腕と真摯に向き合えるようになりました。純粋にシーバスを楽しみのにロッドをケチってあーだこーだ言い訳しないブログを書くためにもモアザンは最高のパートナーです!

・デザイン

・自分が使ってるから。色んなメーカー試したけど、一番しっくり来る。

・デザインとメーカーのロゴが気に入ってます!

・バットがしっかりしているわりに、軽くて使いやすい!

・昔からダイワを使ってたのが一つの理由とロッドとリールの両方を同じメーカーで揃えたいのがもう一つの理由です。

・デザインがいい全体的に軽い

・金色の使い方がとてもよく、デザイン性に優れている。性能に関してもマグシールドやATDに関して色々言われているが、今のところそこまで不満に思っていない。 また、小学生の頃初めてシーバスを釣ったルアーが小遣いで買ったDaiwaのシーバスハンターだった事もあり思い出深いメーカー。

・まだ初心者でそれしか使ったことがないので

・やはりags搭載型は、ロングロッドなども軽い分長時間キャスト時疲労軽減できます又感度も上がるのでとても良いと思います私は、43歳になりますが長く釣りをやる時に軽さが1番の条件でダイワさんのロッドを選んで使っています。

・餓鬼の頃から使ってマスが…昔は選ばなかったからかなぁ(・・?)大型店なんて近所にゃ無かったし……( ̄▽ ̄;)

・軽い。感度がいい。アフターサービスがいい。取り扱い店が多い。

・まだ初心者で初めて買ったのがスロパラ2本目に買ったのがダイワ ラブラックスAGS96MLです。初心者すぎて好きというかこれしか知らないというのが現状です。次はLクラスのロッドを探しているのでこのアンケート結果を参考に検討しようと考えています。

・ブランクスの質が値段相応でデザインが良いAGSガイドの開発など独自の強みがあるから。

・小さい頃(小学生くらい)から今まで釣りをしていますがずうっと何故かダイワです。たくさんのメーカーありますがいざ釣り道具を買おうと思って店に行くと最終的にダイワの物ばかり。ん~理由聞かれても…..異性で例えるとタイプなんでしょうね。直感?ダイワ製品に一目惚れ好きなものは好きってな感じです。訳分からない意見ですいません(^o^;)

・ロッドの素材や製造技術が1番信頼出来るメーカーだから!ロッドのデザインもかっこいいから!

・折れない!

・淡水、海水、共に色々なジャンルのロッドを使ってみて、全体的にそこそこ完成度が高いものが多いと感じました。リールは色々と問題有りですが…また、選択肢にありませんでしたが、性能とコスパでは宇崎日新が一番だと感じます。

・基本的に家族持ちのサラリーマンなので、何本も渡り歩いていません。そのなかでエメラルダスMXのソリッドティップが感度もあって、折れにくく、遠投アジング~ちょい投げまでマルチに使えるので重宝しています。重たいけど、、、

・ラインナップの多さと低~中価格帯のコストパフォーマンスがいい。ベイエリアの小場所がメインなので特に軽いことと、ティップが柔かくバッドが強いのが好み。

・投げ釣り師ですが、コスパでダイワが一番です

・軽さと感度が気に入ってます。

・まずデザインがカッコいい( ?° ?? ?°)モアザンのカーボンの入り方、ゴールドの線の入り方?たまらないですね!!!そして扱いやすいです!ライントラブルは勿論、ハリがありいいです!

・感度が良い。MAXウエイトでも投げ折れしない。バラシが無い。しなりが良く大盛りの緊張感な釣りが出来る。

・優秀すぎないから

・コストパフォーマンス最高のブラックレーベルシリーズがあるため

・ロックフィッシュのハードルアーでのソイ狙いと海サクラ、海アメマス狙いでモアザンを使用しています。やはり長時間使用しても疲れない軽さと、小さなバイトも解る感度です。折れると良く聞きますが、使用して折れたことは一度もありません。AGSも問題なく、特に気にいって使用しています。

・AGSの恩恵?軽量であり感度が良い!なかなかへたらない♪

・morethan AGSの軽さ、感度は凄いと思います。

・現在釣り業界における、ロッド部門は低価格でありながら、いかにハイエンドモデル並の品質のロッドを消費者に提供するかがどのメーカーも課せられた課題であり、時代の流れかと思います。その中でもダイワ ラテオシリーズはまさにその流れに乗り、ハイエンド並の品質を誇っているロッドだと思います。

・ダイワが好きでして、モアザンブランジーノ97MLMを使用してます。見た目、ags、ランカー対応などから選んだロッドです。

・シマノよりデザインが好き価格帯が広いので素人の人にも勧めやすいし、ステップアップもできるので、ロッド選びも楽しめる優等生なロッドが多いが、ロッドにはそれを求めているので個人的には問題なしでもバトラーリミテッドみたいな尖った性格のロッドもたまには欲しくなる(笑)

・バスロッドとエギングロッドを所有してますが、どちらも自分に一番合ってるロッドなので

・初めて買ったタックルで色々な魚を釣らせてもらった思い出があるので。

・曲げてからのトルクがあるので溜めが効いて釣って楽しい竿キャストも柔軟性があるのでウェイトが柔軟に対応できる

・デザインがかっこいいから!

・僕が一番最初に買ったロッドで今もまだ現役で活躍している。3年以上使っているが未だに折れたり不具合は無いので気に入っている。

・Daiwaのリールが好きなので

・モアザン使用してますが、ティプ、ベリー、バッド完璧であつかいやすいです。値段が高いのがちょっと・・・って感じです。

・1番最初に購入したシーバスロッドがダイワ製であった為。また購入するに至った理由が、村越正海氏がダイワのプロスタッフであった為。村越正解氏のシーバスDVDを見た事をきっかけにシーバスフィッシングに挑戦しようと思った為。

・比較的安価でクオリティが高い

・AGSが素晴らしい。

・クセがなく、ブランクスがしっかりしていてヘタらない

・私は初級者のためダイワのロッドは非常に扱いやすくて好きです。シマノロッドとの比較になってしまいますが、ダイワロッドは適度な柔らかさがあるため、乗りやすさ・やり取りの楽しさがあると思っています。

・・リーズナブルであり、昔から購入しているメーカである。・店頭においてあるので、実際に見て触ってから購入できるので失敗が少ない。・ガイド等の修理も行きつけの店(ポイント)でメーカへ依頼できるし、修理費もそれほど高くない。

・AGSが気になって試しにモアザンではなくラブラックスAGS 使ってみてみたのですが、確かにキャスト時のブレの収まりの早さ、フォール時のバイトや着底が分かりやすかった。ただ巷で言われるようにAGS の耐久性、使用時に気使う事は多々あります。

・SVFのブランクとAGSが好きです

・デザインが好き。最大手の安心感。

・値段と釣り合いが取れる為他社の製品を使用したことが無い

・コストパフォーマンスが良いから。

・大手だけあって、汎用性が高いところが気に入ってます。

・河川のシーバスメインで釣行している為、種類が豊富なダイワを選んでいます。シーバスロッドの中では性能が他社よりも一歩抜きでていると思います。(まだまだ経験も少なく、仲間の感想も含め)感度、軽さ、パワーどれもバランスが良く、疲労が軽減されるのも良い点です。現在、ブランジーノ97ML/Mをメインに使用しています。繊細で気を使わなければならない点も逆に気に入っています。使い勝手が良い事も大切ですが、所有する喜びも大切だと思うので、両方満たせてくれるメーカーだと思います。

・昔からダイワ派だったし、住んでいるのが田舎なため近所の釣具店にはほぼダイワしかおいていなかったため。

・グリップの握りやすさと、キャストしたときの竿のしなる感覚が私には合っている気がする。あと、竿のネーミングが好きだから。ブランジーノとかラテオとかラテン系の?ノリで(笑)

・長年使用しているから

・正確に言うと、ダイワではなくスポーツライン最強のコストパフォーマンスです

・滅多なことがない限り折れないから。

・ティップの入りがよくバラしにくいと言う点とロッドの補償金が4000円という安さのため。補償は一年ですが(^-^;

・釣りを始めた当初よりこのメーカーの様々なロッドにお世話になっており自分の釣りスタイルに合ったものが多い。そして絶対的な信頼感があるので。

・感度がいい使ってて軽いから疲れないここにはないが自分的にはロデオクラフトさんの竿が一番使ってて好き。感度はダイワより劣るが使用感はロデオの方が使いやすい。また、魚を掛けてからはロデオの方がバレない気がする。

・最近ではコスパがよくなってきている。 デザインもかっこいい。

・かっこいい

・免責が安い

・1つしか選択出来なかったので代表でダイワさんを選ばさせて頂きました。好きなメーカーさんは沢山あります、ここに載っていないメーカーさんも好きです。エギングが一番好きなロッドでagsやsmtなどお金を惜しまない最先端の技術などが好きです。

・AGSなど先進的な技術が感じられるから。

・AGSガイドのロッドがラインナップされており、かつ破損時の免責金額が格段に安いところです。AGSガイドはオフトのヒロイズムを購入して初めて体感しましたが、本当に素晴らしいです。その後、手持ちのシーバスロッドもAGS化し、ますます惚れ込みました。

・とにかく大野ゆうきさんが使っているから!ブランジーノの名前も見た目も好き!

・AGSなど最先端な技術を率先して取り入れるため大野ゆうきさんのファンです

・人生で初めて買った10000円超えるロッドがダイワのディースマーツ763ul-sでした。船釣り、ボート釣りがメインの為、コンパクトに持ち込めてキスの軽快な当たりとギュンギュンと暴れるやりとりを存分に味わえる繊細な穂先に惚れしてしまいました。高級なロッドは他にも沢山あるとは思うんですが、仕舞寸法の短いロッド、パックロッドに不思議な愛着を感じてしまっています。好きなメーカーを語れるほど沢山のロッドを使い込んでいるわけではないので、大好きなロッドを作っているメーカーということでダイワを選ばせて頂きました。

・やはり丈夫だしアフターメンテナンスの対応も良い事。

・タックルは廉価版で充分と考えているため、結果として、ラインナップの豊富なメーカーから選ぶことになります。 ベイジギングロッドのインフィートをボートシーバス、一つテンヤ、ティップランと幅広く流用。特にボートシーバスでのバイブレーションには最適。バレにくく、グリップを脇に挟めるので早巻きも楽。

・素人にはロッド選びが楽だった。

・山ラッピがいるメーカーだから

・初めて買ってからずっとダイワでやってきているのとかっこいいから

・コスパとデザインの良さ

・丈夫でバットが絶妙だからです?

・軽くてバランスが良く、デザインも好きです!それと、案外ムリしてもなかなか壊れないところも信頼しています。

・ダイワが好きというよりも、AGSが素晴らしすぎるのでダイワのロッドを使用しております。(ハートランドシリーズ)

・大手なのでラインナップが広く、予算も多くなっているためかコストパフォーマンスに優れたモデルが多い。初心者でも手を出しやすい価格帯の商品が多い。また、デザインも機能美といった感じで非常に良い。

・まず。他のメーカーより圧倒的に軽い。そして、軽いだけではなくパワーも十分にある僕の理想的なシャキッとしていて曲がる竿というのがが1番当てはまるメーカーだから。

・AGSが好き

・AGSの感度と軽さが好き。(だからと言って釣果が上がるものでもないが)要は気の持ちようであるのだ。

・基本的にシーバスしないのですが多く持ってるのがダイワと言うだけです。

・前提として、使用した事があるロッドメーカーは次の通りです。?シマノ?ダイワ?アブ?ゴールデンミーン用途:主にショアジギ、ライトゲーム好きなメーカーはダイワです。やはり釣りをするとしたら使用している道具のデザインを重視します。全体的なタックルのバランスとデザインの面ではダイワが一番合っています。シマノは性能は良いですが、ダイワとは釣り具屋とギア屋の違いが出ると思います。車も車屋(トヨタ)とエンジン屋(三菱、富士重工業)ではコンセプトも違うと思います。両方が次第点に達しているのがダイワでした。(その他のメーカーは面白いロッドを作るのですが、やはり使用用途が限られてしまいます)

・昔のシーバスロッドは折れやすく、10本以上は折りましたが、ags採用により感度巻き巻きにより、なかなか折れる事もなくなりました。只、ガイドが吹っ飛ぶのがなんてんです。

・新しいもの好きなのでAGS等新技術を送り出すところ。2ピースの繋ぎ目が浅かった時は無料で交換してくれました。

・ラテオが使いやすい

・ダイワのプロを尊敬してるのもありますし、ダイワのリールやロッドが自分に1番しっくりきているからです。

・釣りバカ日誌が好きで、ダイワを使っているから

・T並木さんの影響で使い始めました。エバーグリーンよりイメージ的にいい気がします。

・低・中価格帯のコストパフォーマンスが抜群。また、ラテオ以上の製品のロッドバランスに癖がなく、万能に使用できる、

・ジギングでメインで使用しているソルティガが3本あり、10年使用していますが、未だ現役ブリがかかっても余裕でとれます。とても頑丈で信頼しています。

・自分に合っている

・ロッドの調子の作り込みが最近良くなった

・人気があって安心でいいロッドがたくさんあるから。 特にラテオ 86ML.Qは、お年玉とおこずかいを合わせれば中学生でも買える値段で軽くて感度もいいので大好きです。

・ラテオ最高

・ラテオなどコストパフォーマンスに優れた商品もあり、AGSガイドのついたモアザンシリーズなどは軽くて一日振り続けることもできます。また、シリーズも多いので選ぶ楽しさもあります。

・価格もリーズナブルでそこそこの品がある。最初は硬い印象があるけど使って行くうちに柔らかくなり、とてもよく馴染む。

・中弾性カーボン使用機種で、ロッドに設定されている本来の対象魚以外にも使いやすく、曲げ込んでも最後までヘラ竿のように力負けしないでファイトできるモデルがあるため。また魚を掛けた際の竿の曲がりも綺麗で、コスメも含め質実剛健で釣り味も良いため。他のメーカーの竿で釣りをしている時より、着水バイトや意図しない瞬間にも釣れた魚が多かったため。

・シーバスに関して言えば釣りを始めた頃からDAIWA派なので。モアザンシリーズの使いやすさが一番好きだから。

・Gクラフトの渋さ、売り方もすごく好きですが、やっぱりダイワモアザンブランジーノシリーズはかっこいい。東京湾奥で一番使われてるんじゃないのかな?

・モアザンAGSモデルを使用させて頂いているのですが、とにかく軽い事。最近、リール自体も上位機種が軽くなってきているので、ロッド+リールのバランスを考慮すると、ロッド自体も軽さが必要だと思うのですが、それに追従しているメーカーだと思います。

・イベントやフィッシングショーで初心者にも分かりやすく説明しようとする姿勢に好感が持てます。初心者はスペックだけに目が行きがちですが、長さや硬さが実釣にどの様に影響するか具体的に教えて貰った事があり、信頼しています。

・初めて買った竿がダイワのジグキャスター96Mだったから。また、その竿で初めてのヒラメや初めてのエソなどの多くの初めてを体験させてもらったから。また、ルアー釣りを通じて友達が出来たのは嬉しかったから。

・使っていて折れたこともなく、使いだしたのがDAIWAのラブラックスで、シーバスロッドながら様々な魚に出会えたから。

・昔から使っていて馴染み深いから

・AGSがトラブル少ない

・メジャーだから。

・竿の曲がり方が好き♪

・今はないけどウエダが好きですね次に持ってるのがダイワなのでダイワにチェックしました

・使いやすくメジャーだから!

・価格がお手頃だから

・agsが搭載されてるから

・ハイブランドでは無いですが、エアエッジのヘビーロッドが自分の腕の長さと言うか体型にあっているのか使っていて、非常に使いやすく、疲れにくい為です。他のメーカーを何本か試しましたがエアエッジがしっくりきています

・PEラインのガイド抜けが良いと自分では感じる。またブランクの粘りがありロッドがスムーズな曲線を描く。

・シーバス、アジングで使ってます。多魚種に渡る豊富なラインナップ。どこのお店でも取り扱いがあり対応が早い。華は無いが癖も無く、フラッグシップを除くモデルは価格もお手頃で高性能。これから釣りを始めようと思う人にも進めれる。

・値段の割に性能がいい。自分の手にフィットする。

・デザインも良いし、性能も良いから

・気が付けばダイワばかり使っていたので。特にこだわりはないです。

・今は、ダイワで揃えているから。ダイコーなんかも学生時代好きで使ってましたが、今はなくなりました。

・まずデザイン性。かっこいい。適度な重量感。ロッドのモデルを細かく設定している。幅広いコストパフォーマンス。信頼出来る。

・小さいころからずっと使っているから

・初心者ゆえダイワのラテオしかほぼ触ってないため。

・幅広い価格帯で全体的に性能もしっかりしているところ

・AGSの感度は一回慣れたら手離せないから^ ^耐衝撃性には不満ありますが、免責額が安いので良しとします。免責額はシマノにも言えることですがかなりありがたいです。

・どこでも商品が買える(安いお店探しとかできる)なおかつ修理等地元の釣具屋でできるため

・ダイワが好きだから

・安い、丈夫、性能が良い

・使っているテスター,モニターが多い。単なる宣伝力の結果,使ってみたら良い竿だと感じた。そんなダイワのやり手が好き。良い竿でも宣伝力が弱ければ日の目は見ないと思う。

・初めて買ったメーカーがダイワでした。

・免責金額が安い。(修理費用がかからない)ロッドの重さが軽い。(長時間使用するときは楽)

・ブラックバス時代はハートランドにお世話になった。遊び心のあるロッドが好き。特に村上晴彦氏のプロデュース品が好きです。今は月下美人を愛用。

・ダイワ好きだから。

・AGSガイドが魅力的♪

・ロゴがかっこいいから

・AGSの良さ、感度。ダイワ製品を複数所有してますが、運が良いだけかもしれないけど、破損も不具合もいまのところでないので。

・釣り&ゴルフが趣味なのでdaiwa(グローブライド)を好んで使っています。グラフィックやプロダクトも好みで、カーボンのしなやかな反発力、バランスが取れていると感じます。何より釣りの世界をもっと身近に感じさせる努力をしている第一線の企業でもあるので応援する気持ちも込めています。

・丈夫なので安心して使用できる。ロッドは信頼度が一番重要。

・ダイワが好きな理由は新しい技術に挑戦する姿勢が好きです。開発に対するこだわりが見えます。

・値段も買いやすいロッドが多いと思います。見た目もかっこよく、ブラックのロッドにゴールドのラインの相性がとてもいいと思います。モアザン系のロッドが特にかっこいいです僕はマス族を追いかけて日々釣りに励んでいます。使いやすさもよく、とても軽いとかんじます。あたりをのがすことも少なくなりとても楽しい釣りができます。ディップは少し太めかなと感じる部分はありますが、しっかりと曲がってくれて、やわい竿が多いのですが、バットにもパワーがあり、キャスト時もしっかり飛んでいきますし、小さい魚がヒットしても満足させられるファイトができると思います。最近はAGSガイドが多く出ていますが、やはりKガイドが個人的に好きです!!AGSでトラブルが起きると吹っ飛ぶんじゃないかな…と心配になります笑しかし、ダイワは消費者に対しての対応もいいと感じています。僕はラブラックスAGSを使っていますが、やっぱりとても満足のできるロッドで、安心と信頼度が高いですね!!なのでこれからも釣りを楽しむためにダイワはかかせないロッドの1つとして大切に使っていきたいと思います。

・見た目もいい 性能よし 魚のあたりを弾くことがない 他のメーカーロッドと同じ自重でもダイワは軽く感じる 手前でのバラシが少なくなるバットにもパワーがありコシ抜けも少ない接客対応がいい 手前でのバラシも少なくなる

・軽量、高感度の国産ブランクスが信頼できる。アフターサービスも対応がいい。ロッド事業がなくなるリスクも少ないし、大手メーカーのロッドが安心。

・エギングを始めて今の所ダイワのロッドを使っています シーバスはシマノのロッドを愛用してます。

・バス釣りでクロノスを使っていたがx45のおかげかキャスト後の振り抜け感も良く表記より少し重めのルアーをロッドに重みのせたキャストしても不安なく投げれた。価格帯が細かくミドルスペックなどでもバリエーションが悩めるほど豊富なところが良い。

・リールは子供の頃、トーナメントSSに憧れて、それからずっとダイワ党なので、その流れですね。

・AGSの感度が最高

・小学生の時、お年玉で初めて買ったロッドがダイワだったから。

・シマノより価格が少し安い設定。大手の信頼感がり、リールなど丈夫なイメージがある。要はコスパが良いと考える。

・昔から使っていたからです!

・AGSがあるから

・最初に買ったのがダイワなのでそれ以来ほぼダイワしか使っていません。

・AGSガイドの振り抜けの軽さと感度がいいからです。そのAGSガイドをラブラックスクラスのロッドから採用しているところです。AGSガイドはもろいと言われていますが管理さえしていればバッチリつかえます。うっかり落としたこともありましたが折れてないのであんしんです。

・ロゴがカッコイイのが先でしたがブランクの曲がりが好みです

・軽い、非力な人でも投げやすい

・昔と比べて軽くなったし他のメーカーと比べても丈夫になったと思うから。また値段もお手頃なため

・ロッドの感度が良いものが多い

・軽くて粘りがある。

・住み分けが分かりやすくステップアップするのに段階が踏みやすいとおもっています。そもそもリールがダイワのデザインが好きなのでそのままロッドもダイワを買うことがおおいです

・色々なロッドを使用したが、やはりブランジーノが一番

・使い易い間違いない

・なんといっても使いやすい。ルアー以外は(ペンシルを除く)笑

・アフターサービスと壊れにくい信頼性

・デザイン、機能とも最高です。

・モワザンブランジーノのカッコよさですかね!独身最後の贅沢でした。

・ガイドがしっかりしていて使いやすい

・メーカーのロゴがかっこいい

・ハートランドが自分の釣りにしっくりくる。

・コストパフォーマンスがいい。(最上級モデルを除く)

・小さい頃から使っているメーカーだから。

・シーバスロッドで言えばラテオのように低価格で扱いやすいロッドが手にはいり、テレスコピックもあるところ。

・見た目もカッコイイ

・ルアーをキャストする時にルアーの重さがバッド部まで乗り気持ちよくキャスト出来る。IP26等、エビる確率の高いルアーでも姿勢を変えずに飛ばせる。 使用ロッドはラブラックスAGS96ML、ラテオ100MLQ. 少し前までルナミス、ディアルーナも使用してましたが私には合いませんでした。でもリールは5台所有もすべてシマノで、シマノが巻き心地、耐久性ともに優れているように感じます。

・コストパフォーマンスに優れていると思うから

・シリーズも多く、自分に有ったロッドが選びやすく、デザインも良い。サブネームついているところはより良い。

・AGSの効果は、スゴイと思う!上記にはないですが、FISHMANに一票入れたいです!ベンダバールがベイトシーバスを始めるキッカケになったので。

・チタンディップの特許があるから。

・自分の釣りスタイルに合った感度を優先したブランクスでAGSガイドとの相性が秀逸、ガイドと一体感があり、振り抜けが抜群に良い。一生DAIWAのロッド使います!

・使いやすさとデザインがいいですね。

・見た目がまずカッコイイ!

・デザイン

・エギング中心に楽しんでますので、ダイワのテクノロジーをエギングで超えてる他社メーカーが見当たりませんので、自ずとダイワに辿り着きました!

・沖縄で打ち込みでロウニンアジを狙ってます。ダイワの竿は竿自体のバランスが良く、キャスティングの際力いらず、大物掛けても竿で弱らせてくれる

・汎用性

・バリエーションが多い

・万人向けで使いやすい。修理などのアフターが楽。AGSが良い。

・昔から使っていて他も使用したがこれかなぁ~っと他もいぃものはいぃと使ってわかっているが

・丈夫で使いやすい何かあった時の対応が早い

・テーパーが好き

・ロッドメーカーとして長年国内シェアを牽引してきた安心感がある。

・国内ロッドメーカーとして長年シェアを牽引してきた実績が、信頼できる。

・小学生の時に釣具屋の店員さんにダイワ=ゴルフクラブを作っているからノウハウ、技術がある=サオシマノ=自転車を作っているからノウハウ、技術がある=リール、と、聞いて小さいながら納得したため。

・最初に買ったのがダイワのリールとロッド。シマノも気になるが不満もないので今のところダイワ一筋。

・初心者で貧乏サラリーマンの私にとっては、安心感があります。諸先輩方のブログを拝見し、使ってみたいメーカーのロッドは、多くあります。二、三万円を握りしめて、熟考すると踏み切れなくて。。

・しなり方が良い

・使ってて安心できるタフ感、使用後の手入れの容易さが最大の理由です??なんといってもDaiwaっていうロゴがカッコいいってのもあります(笑)

・リールがダイワということもあり、シーバス用でモアザン95ML、エギング用にエメラルダス86ML等使用しています。軽くて感度も良く使いやすいです。モアザンはソウギョが掛かった負荷で折れて修理に出しましたが特に不満は無かったです。

・コスパがいい。手に入りやすい。免責も安い。デザインも悪くない。総合得点が高くオールマイティ。さすが大手ブランドというかんじです。シマノも嫌いではないが、ロッドの特性が商品によっても違うがシマノよりレギュラーなのが好き。ラテオQは100mlと110mhを持っていますが、どちらもいい竿です。

・○柔らかいが、コシがあるところが自分に合うため。○硬さがあるのでキビキビとアクションをしやすい。○ティップとの硬さのバランスが良いため、あたりを弾かずに掛けられる。○規格外の魚が掛かっても、余裕で勝負できる。(磯でも負けない。)

・他のメーカーに比べデザイン、機能性ともに自分の好みであるため。

・デザインがカッコいい。軽いモデルが多く扱いやすいので。

・価格はネックだがやっぱりブランジーノは良いと思う。

・他のメーカーのロッドを使ったことが無いから

・おこづかいの関係上 冒険した買い物が出来ないため安心であろう大手メーカーの物だから良さが分かれば他のメーカーでもいいです

・バス釣りを離れて数十年、久しぶりに買ったエントリーモデルのロッドで数多くの魚を釣らせてもらいました。技術の進歩もありますが、軽さ、感度という点で素晴らしいです。

・初めて持ったタックルがDaiwaだったので。それ以外を知らないとも言います。

・使いやすい

・丈夫で長く使える。主に使っているのがDaiwaだから。

・ロッドに関しては使い易いが、スピニングリールに関してはソルティガ及びキャタリナ以外のマグシールド搭載機はマグオイルがゴミやチリを拾いガタツキや違和感が出やすい。

・AGSガイドがカッコいい??長時間握っててもグリップ部が痛くならない??軽い??(他のメーカーも多数あるが)

・サーフをメインにラテオ→モアザンと使っていますが、汎用性と癖の無さが気に入っています。それ以上に、これまでの釣り人生で1番魚を連れてきてくれているので「好きなロッド」に上げさせてもらいました!

・以前スコーピオン オセアを使っていたが重くて、距離を出したい時はよかったが重さが苦になった。現在、ラテオを使用軽くて使い易い。是非ステラを使ってみたい!

・シーバスフィッシングを始めたばかりの頃、5000円の安いロッドを使っていて、ライントラブル、飛距離が出ない、感度がイマイチ…と悩んでいた際にシーバスフィッシングを教えてくれた師匠が使っていたダイワ モアザンを使わせて貰い、感度の良さ軽さ、飛距離とすごい感動を覚えました。そこからダイワの製品にハマり、シーバスフィッシングはずっとダイワの製品をメインに使ってます。

・フラッグシップモデル以外でもなかなか高性能なモノが多いように思う。やっぱりoemは値段と性能が釣り合っていないような

・魚が暴れない

・まず、大手企業と老舗。と、いろんなバランスがとれてて使いやすい

・agsの感度や軽さが魅力で好んで使ってます。良くも悪くもいろいろと独自の路線で開発している所。

・シーバスハンター 96ML現在、使用しているロッドだからですね。満足してますが、もう少し長いのも使ってみたいですねー。

・やはり持っていてステータス的なものがあり気分が上がります。ミーハーですが、釣果も大事だけど好きなモノを使って愉しむ時間も大切だと思っています。

・みっぴが好きだから!笑

・何となく

・釣りを始めてダイワさんやシマノさんは大手人気メーカーでそれしか目に入りませんでした。そして友達から薦められたダイワさんを愛用しています。それにちなんでリールやベスト、ウェダーなど様々な用品をダイワさん中心に揃えてます。今後もダイワさんを愛用させて頂きます!

・扱いやすい

・どこでも買えるし値段の幅が広いから

・まだキャリアが短いので、使い比べた訳ではありませんが、好き嫌いというより買いやすいと言った方があってるかもしれません。ヤマガブランクスさんのロッドも持っていますし、気に入ってます。次はエバーグリーンさんのロッドが気になってます。でも、お店に現物が無いので買いにくいというのが本音です。

・価格と質

・重量が他と比べて軽い

・昔から愛用しており、釣具メーカーとして安心感がある。

・質実剛健さを忘れていないところ

・初めて手にしたロッド、リールがダイワだったからです。それ以外特に理由はありません。

・デザインが良い。ハートランドなどユニークなブランドを持っている。FUJIだけでなく、AGSガイドを独自に採用している。

・エギングロッドが好き。AGSがいいきがします。

・製品ごとに品質のバラツキが少ない気がするから

・モアザンブランジーノの見た目良いので

・メタルトップが、気にいっています。

・一番最初にロッドを買ったメーカー。廉価モデルでも作りがしっかりしていてちょっとの事では壊れないから。

・最大手メーカーということで、さすがに性能自体はしっかりしている。バリエーションも豊富で、自分が求めているスペックが見つかる。また、自分の性格上、ロッドとリールをなるべく同メーカーで揃えたいため、それがしやすいということも一因です。

・ラインナップ豊富で、価格帯が良心的なものでも高性能なタイプが多い。

・所持しているロッドで、ダイワが一番本数持っていて満足している為。ただし、上記にはないメーカーで、ブリーデンやヤリエがあれば、そちらを選んでいたと思います。

・AGSの振り抜きの軽さがすきだから。

・AGS

・軽い

・本当はtictですが、無いので2番目のダイワです。現在はアジングにハマっているので、tictのロッドが好きです。

・ラテオしか使ったことがないから。

・今使っているロッドがダイワだから

・最先端技術をいち早く取り入れていて、下位モデルもコスパが高いから

・最先端技術をいち早く取り入れていて、下位モデルもコスパが高いから

・ブリーデンが一番好きですが、項目にその他が無くてダイワにしましたm(_ _)mブリーデンは軽いリグを遠くに飛ばせ、なおかつある程度の大型とファイト出来るので面白いです。ロッド全体が柔らかく、好みは別れますがマイクロパターンでは重宝します(^_^)

・かっこいいから。昔からお世話になってるメーカーでもある。

・やっぱり、単純にかっこいいのとAGS。

・見た目がカッコいい。知名度がたかい。大好きなみっぴさんが使ってる(^^)

・ダイワと入力しましたが好きなメーカーが無くそれ以外という項目がなかった為です。ロッドの良し悪しはわからない。どれも素晴らしく自身の感覚と懐事情とのすり合わせ。まずは道具ありきではなくそれ以外の環境(釣り場選びなど)を自身で作り上げることが大事なことかな。道具は釣り熱を上げる為にあるものかなと。

・デザインが好みなのとリール・竿・アパレル関係など全て揃うメーカーだから。

・ウエダが好きで、次がダイワ、その次がフィッシュマン感度、釣り味、飛距離の観点から。

・AGSガイドやスーパーメタルトップといった最新技術を搭載したロッドは釣人の心をゆさぶらされる。価格が高くなかなか手がでないが、いつか使って見たいと思わせるロッドが沢山あるのでダイワ推しです。

・見た目が格好良いからです。

・種類の豊富さ、価格帯の豊富さ釣り具屋で手に取って天井でツンツンできる

・ブランクスの軽量化とそれを損なわない掛けてからの粘り。細くて軽く、感度が良く繊細な釣りがし易い。

・よく考えられて作られている所と耐久性!

・Daiwaしか使ってないから。

・子どものころ初めて買ったまともな竿が、ダイワのバスロッドでした。大人になって他メーカーのロッドも使ってみましたが、なんとなく「これじゃない感」が……気持ちの問題なのかもしれないですが、ダイワのロッドがいちばんしっくりきます。

・新製品に魅了を感じる物が多いのとブランドネームの安心感。やはりキャスターのプレゼン、露出も多いのでロッドのクオリティー、使い方が分かりやすい。

・釣具屋さんの勧めのままにダイワのシーバスハンターを使用しているのですが、ヒラメ、シーバス、青物等色々な魚を釣らせてくれているから好きになりました。

・SMTが秀逸。小さなアタリでも手元に伝えてくれる。

・ブランジーノかっこいい見て目ってことです

・折れても、購入店でクレーム扱いしてくれて無償で治りました。※上記メーカーでは、ありませんが、ゼスタなんか補償期間切れても、ディップが抜けた??折れた?なんか変な現象になり購入店から送ってもらったら無償で交換してくれました。大事に使ってる竿なので、丁寧に対応してくれて、嬉しかったです。

・大手メーカーだけあって、量産モデルでも、大量生産でコストダウンだけあって、小メーカーの高額中級ロッドと遜色ないと最近感じていて、大手メーカーのを愛用してます。

・有名テスター監修ロットが多いのと、デザインが好きです。ロットの性能も、私の求める釣り方にマッチしているので好きです。

・agsの軽さ、感度ブランクス、全てが好み

・使ってて、まだ折れてない不満がでてこない他の竿が欲しいと思わなくなったリールはシマノつかってます(笑)

・昔から使っているから。

・ああ

・ああ

・高級なロッドは使ったことがないが、コスパが良いロッドを作っていると思う。

・豊富な種類で選びやすいのとデザイン

・AGSが非常に使いやすい磯では気を使いますが(笑)

・軽くて高感度、それに釣り番組等による宣伝力です。上記意外のメーカーを含むなら「レガーメ」が圧勝です。

・不注意でもなければ、そんなに折れないし、デザインが好き

・ロッド、リール、アパレル、小物、全体的にデザインがカッコイイ!

・一番、初めに手にしたロッドがモアザンブランジーノのAGSで飛距離、感度共に自分に合っていた。

・AGSガイドの感度の良さ

・しなり具合とガイド経が自分のホームでちょうどよい感じだから。

・ハートランドはオカッパリで1本で何でも出来るシリーズが多いから?

・ルアーフィッシング初心者ですがダイワのエギングロッドでシーバスにハマって色々楽しんでます

・・自分が買える金額(1本2万円ぐらい)で種類豊富(ラテオ)・柔らかめでルアーウェイトのレンジが広い

・ラテオの軽さやわらかさ?のおかげでキャストの飛距離が伸びた。初心者のぼくにはブッキング率が上がった。

・価格が高めのものは当然のこと、中、低価格の商品でも品質が安定しているところです。韓国や中国などのアジアで製造される場合、品質管理の均一化などが国内のそれよりも難しくなりますが、ダイワさんは今までいわゆる「ハズレ」を買った経験がありません。

・自分の使い勝手に丁度いい感じのロットがそろっている。

・一番はカッコ良いから、それとコスパが最高(使用した事の有るメーカーがダイワ、シマノ、メジャークラフトのみなのでその中で評価)

・ガンクラフトがないので仕方なく…

・デザインが良く、基本性能が良く感じる。ロッド修理の免責が安い。

・やまらっぴが好きだから。

・有名アングラーが使っているから

・ルアーをすることが多いのだが、デザインが良いものが多い上、シーバスロッドだとラテオのような扱いやすい竿を出しているため

・シマノとダイワしか使った事がありませんがダイワの方がしっくりきた

・まだダイワしか使ったことない入門者だからです。とても使いやすいです。最近のロッドに表記されている適応ルアーの重さがシビアですね。それも企業の戦略なのかな。

・釣りを始めて初めて買ったリールがDaiwaなので、後デザインも好きなものが多いです。

・重量と持った時のバランスが秀逸

・このメーカーは自分が好きなメーカーということもあるんですが、まず竿の見た目、特に黒をベースに作っている竿が好きです。持った感じも、ダイワが一番持ちやすいです。そして一番の理由は、持ってるだけで、気分が高まり釣りに集中できます。

・デザインが非常にカッコよく好きです!

・ラインナップの幅がとても広いため。上位モデルもそこまで高くないため。

・軽く感度が良い!

・ロゴがすき

・軽さ・感度・手に入り易い。良い所ばかりでも有りませんが~。

・感度がいいから

・そこまで使いこなしたり詳しくない、まだまだ釣り初心者ですが、ダイワのデザインや色使いが好きです。

・AGSの感度、軽さが素晴らしい。他のメーカーの追随を許さないようなハイコストパフォーマンスw

・デザインがよく、素人の自分でも扱いやすい物が多くコスト面でも優れていると思う

・ラテオのコストパフォーマンスが素晴らしい

・良く釣れるから

・サーフ・姫磯でのシーバス釣りをメインにしております。現在モアザン97mwを使ってますが、ダイワは軽量且つ高弾性で感度も良く長時間使っていても疲れにくいのが一番の理由です。免責額も他メーカーに比べ安いですし、長く使って行く上で安心かなと。もう一本はダイコーのレガーロ106を使っていますが、こちらはダイワとは正反対の性質で良く曲がり粘りがあるロッドでダイワ程高弾性でなくキャストが非常に楽なので気に入っています。もう保障が無いのが不安材料ですが。個人的にEVAよりもコルクグリップのロッドの方が好きなので上記2本はそれで選んだ部分もあります。もっと各メーカーからコルクグリップのシーバスロッド出して欲しいです。使い込むほどに味が出て、愛着が湧いてくると思うんですけどね。

・シマノもそうだが自社でリールシートを製作している点。しかし、ダイワのオーバルグリップは群を抜いて使い易く疲れない。他社のリールシートは全てfujiの汎用。オリジナリティがなく、所有感がない。他社のロッドの良い所も沢山有るのだが、トラウトロッド等の木製、コルクのリールシート以外使う気にならない。

・価格帯が広くラインナップも豊富。ダイワ好きなら中古市場でも欲しいロッドが手に入るから。

・好きなブランド

・AGSの感度が素晴らしい

・俺は使いやすいんですよねぇ。

・カーボン加工が得意そうだから。好きなテスターが使っている。

・扱いやすい

・ダイワ製品に信頼を置いているから。耐久性、操作性共に満足している。

・月下美人MXアジングを使用しておりますが、費用対効果が高くて好きです。この値段帯のロッドでは感度がよく、尺アジのモゾっとした小さいアタリを感じ取れました。愛用しています。

・現在主に使用していて使いやすいため

・ハートランドシリーズが好きで昔から愛用しているため。ブリーデンと悩んだが、選択肢になかったのでダイワの一択です。

・デザインが格好良い耐久性が高い

・大手の安心感とバリエーションの豊富さ。店舗の在庫もだいたい豊富。

・初めて買ったメーカーだから

・ダイワは AGSのガイドシステムを搭載してからはダイワ一色です。元々 ダイワは派でもありますが・・・。

・軽い割にパワーがある。しなやかに曲がる。高価格モデルはもちろんいいけど、中級モデル、初心者モデルもきちんと考えて作ってある印象。

・メジャーブランドだしアフターサービスもよさそう。その分すぐ折れるように感じます。

・カーボンの質がとても良いと感じます。過去にモアザン ブランジーノ 95MLと87MLMを使用した感想です。何も無しでで振るとパツんで固く感じるが、魚が掛かると不思議に良く曲がり粘る竿だなと。

・キャスト精度が高く、また、しなりもきちんと聞くため飛距離が必要な場面でも活用できるオールマインダー的存在

・軽くて値段が手ごろなため

・カッコイイ

・AGSガイドの感度に感動した為に。現在使用中 リールはシマノですが。

・軽いから

・デザイン、使い勝手

・ラテオはよく曲がりバラシが少ない。

・自分のキャストに合っているから。同じルアー、同じリールを使って他社メーカーロッドを使った時と比べても飛距離がでます。

・AGSガイドの感度がいい。

・専用設計のデザイン性や統一感に純粋な性能。戦略にハマっているのか購買威力をそそられる。

・現行ラテオ96MLの操作感、調子。現行モアザン92Lの軽さとバチシーズンの相性。現行モアザン93MLの軽さとオールマイティーさ。

・最初に買ったロッドがダイワだったのでダイワ一筋です。

・最初に買ったメーカーだから

・価格 デザイン

・世界を代表するブランドであり、さらにスポーティなデザイン性とバリエーションの豊富さ。「釣り」を「スポーツ」として楽しませてくれるラインナップに惹かれます。

・単純に外見が好き。

・黒を基調としたものが多く、デザインが気に入っている。

・釣りを始めたころから、ダイワ好きなんです

・ブランクスが良いから!

・ロッドパワーが自分のイメージするパワーに一番しっくりくる。シマノは1ランク硬いイメージになるかな、、と。デザインと入手製の良さから手が伸びる。値段が細かいから、自分のレベルに有った製品チョイスができる・・反面、あと少し足せば!あと少し足せば!が止まらず大体予算オーバーする。あとはにマグシールドやAGSなどこれまでにない製品にチャレンジするから善し悪しあれど、応援したい気持ちがあります。

・初めてシーバスロッドを買ったのがダイワのモアザン!とても愛着湧いたロッドです!

・ブラックレーベルなどコスパもいいし、見た目もシンプルで良い。バス釣りの他に海での船釣りもするが、そのロッドもダイワを使用。

・シーバスロッドにおいて必要な柔軟性・パワー・機能性がバランスが取れているため。

・免責が安いし、アフターも丁寧だから。あとAGSが好き。

・今使っいるロッドがモアザンAGS85MLMで使いやすく気に入っているから。次買い換える時も自分の釣りのスタイルが変わってなければ同じものを購入しても良いと思っている。

・色々な硬さがあり他のロッドより張りがあるしなかなか折れないからです。

・osp並木さんがダイワだから

・カーボン技術の最先端にある感じがする

・ダイワのブランディング力が好きですね。また非常に綿密に計算されたマーケティング力。あとは大企業だけあってコスパが良い点。ロッド性能も良いですが、特にデザインは男心鷲掴み的な感じで、素晴らしいと思います。やはり趣味でやっているので、”カッコイイ”は重要かなぁって思います。

・細やかなラインナップが魅力的

・物心ついた頃から使っていた為愛着があります。

・AGSガイドとブランクスの性能が気に入ってるので

・手に入り安く信頼出来る。ほかのメーカーは性能はいいんだろうがすごく高い。でもロッドの善し悪しはよく分からない。

・ソルトルアー黎明期から使用しているおっさんアングラーですが、10年前は今ひとつでしたが原作ぃは、シーバス、ロック、オフショア、またカレイ竿やヒラメ竿など全てにおいてクォリティが高くまたコスパも良い。欲を言えばAGS以外のガイドはfuji製にしてほしいかな。

・私自身が雑な性格のためシマノの様にベールが細かったり繊細すぎると壊してしまいそうなイメージがあり、外観的にもシッカリとしたダイワを選んでしまいます。現在所有している中にはシマノのリールもありますが、やはり最初の印象があるのかダイワを選んでしまいます。

・ラテオを使っているから

・ロゴが好き

・AGSがとても軽く負担を感じにくい竿があるから。全体的にシャキっとした竿が多いから。

・見た目が好み!

・軽くて結構強い

・初めて子供の時に買った竿がダイワでそれからずっとダイワです。他のメーカーも、もってるんですけどね

・ダイワのラテオを使って満足しているので。免責が安い。

・軽い、感度がいい!

・他にもたくさんの優れたロッドメーカーは存在するが、単に見た目が自分の好みであるのと、リールもダイワ製を使用しているため。

・価格はそれなりだが、安定感があるところ。

・カーボンガイドAGSが良い

・しなりが良く、操作のダイレクト感がある。

・AGSガイドの感度と、それも含めたロッドの軽さ

・デザインと軽量さ!

・初めて買ったメーカーで思い入れがある

・デザインが好きです。同じ目的でも種類が沢山あるので予算に合わせたものが探しやすい。

・隅田川メインでシーバスやってます。橋脚・明暗狙い主体のホームグラウンドでは「 シーホーク 74LL 」多少飛距離が必要な時には「 がまかつ チータ86M 」を使用しています。シーホーク は古いロッドですが、長年使い続け身体の一部みたいになり、手放せない相棒ですね。好きな理由は。。。 相性が良いとしか言いようがないですねwこのロッドに出会う前に、様々なロッドを使ってきましたが、ここまでしっくりくる物はありませんでした。アピア製品は「 風神Z ネオンナイト 」初代と第2世代、「 イヴラン 」、「 オードリー 」、「 タイガ86ML 」と多数購入しました。勢いで次々と入手しましたが、「 タイガ86ML 」以外は高額過ぎて、気軽に使えず人気があるうちにオークションで転売してしまいましたね。「 タイガ86ML 」はポキポキ折れるとの噂が多かったようですが、例に漏れず私のタイガも何した訳でもなくキャスト時に「 えっ? 」っていう感じで折れました。保証期間内だったので、メーカーに送ると、断面検査図やらその他のデータと「異常はなかった」等の返信がきましたが、無償で新品と交換してくれたのは神対応ですね。

・ティップの柔らかさバットのはり使いやすいです

・ソルティガSWと16ソルティガロッドを最近買ったのですが今までのものより使い心地が抜群なので。

・大手特有の安定感とセール時の値引き具合。

・AGSは他のメーカーがマネできてない技術なので。

・東レから買ったプリレグを焼いたブランクに、富士から買ったガイドとリールシートを付ければ、ロッド完成!正直、誰にでもつくれる。だからこそ、大手メーカーには味付けだけで勝負して欲しくない。素材への追求、基礎研究をしっかりやって欲しい。ここを頑張ってくれれば、ハイエンドロッドは新しい世界を見せてくれるし、ローエンドロッドも品質が上がり万人に平等に楽しめる。この点、ダイワは頑張ってるかな、と思う。同じ高弾性ロッドでもブランクメーカーのものとは軽さが全然違う。また、シーバスロッドに限っては(それしか知らない)、ビギナーにはやさしいロッド、ベテランにはピーキーなロッドと、うまく商品を別けていると思う。売価もリーズナブルで、免責額も抑え目で、お財布に優しい事も評価できる。

・価格がお手頃、範囲が広い

・AGSの感度が自分に合う

・軽く反発力があるのに、いままでに折れた事が無いから、但し、ガイドは、取れたり壊れたりするから、セッティングバランスが良いのだと思う。

・最新の技術を開発している。ハイグレードモデルなら間違いがない。

・特にメーカーのこだわりは無くスペック等もよく分からないので、軽さ・扱いやすさで選ばせて頂いています。エギングに挑戦したくて、とにかく軽いロッドを…って事で値段は多少はりますがダイワさんのエギングロッドAGSを購入しました。実釣してみて軽さに驚きました。ここまで軽ければ値段にも納得。女性は男性と違い腕の力がないのでAGSは女性にお勧めのロッドかと思います。

・特別ではないですけど。最新のガイドAGS搭載だから。使い心地がいいです。

・始めた頃からダイワばかりなので今更他のメーカーのものは使いたくない

・エメラルダスシリーズはエギングロッドの中では粘りがあり、扱いやすいと思います。体に優しいところも良いです。

・シーバスロッドのモアザンとラテオが大好きです。軽いしとにかく感度がすごくいいですね。そして強くてしなやかな感じでキャストが疲れない最高です。

・最近のダイワは、宣伝が上手いですね。他のメーカーにないものがあるので、大好きです。まんまと騙されますが。笑例えば、AGS個人的な意見にはなりますが、AGSは発売当初から様々なロッドを使ってますが、振り抜け、シャクリ抵抗、感度等気に入っております。気に入らなければすぐ使わなくなるのですが、AGSのロッドは残ってます。私は、熊本県民なのですが、地震の際にロッドスタンドが倒れブランク折れが一本ありましたが、AGSはなんともありませんでした。ただ、釣行の際は凄く気を使います。笑ネットで様々な意見がありますから…笑最後まで読んで頂きありがとうございます。

・エントリーモデルから高性能だから。

・ダイワの製品がデザインや性能において優れていると感じたから。

・しなやか

・見た目がとてもカッコいいですしパフォーマンスも最高!!

・ティップ感度がよく、バットパワーが強い!

・免責の安さと全体的にパフォーマンスが良い

・エメラルダスが最高

・特にモアザンシリーズ。状況にあった様々なシチュエーションを想定しており、選びがいがある。

・幅広くロッドをとりそろえてて、硬さも柔らかいのも硬いのも十分にあるからです。

・生まれて初めて魚を釣ったのがダイワの振り出しの投げ竿だったから。父親の昔の竿でした。オンボロだけど手入れがよくされてていい竿でした。

・総合力。軽い、折れない、安い

・ロッドのデザインが格好いい。エメラルダスEX AGSを奮発して買い、初めてイカの当たりをロッドで取ることが出来た。

・割りと丈夫にできていて、なおかつAGSやメガトップ等、感度もいい!

・最初から使ってたのもあり愛着がある

・全てが高次元でバランス

・使っててしっくりくるから

・ずっとダイワファンだから

・折れる気がしない。軽い

・初めて釣りを始めたメーカーだから。単純に、デザインに惹かれるものがある。

・初心者からでもとても扱いやすく、コストパフォーマンスに優れている(モアザンシリーズ除く)

・リールがダイワなので。ガイドは、AGSでなくてもいい。

・始めた頃からずっとダイワさんを使わしてもらっているから

・初めて買ったメーカーだから

・修理の対応・免責の値段や、釣具店にふらっと寄った時の品揃えを考えて、ダイワやシマノが選択肢となっている。やはり手に取った時のフィーリングで決めるものだと思うが、欲しくなった時が買い時。また昨今は、スタイルに合わせて竿も細分化されており、悩みながら選ぶ楽しみも好きなところ。

・太く薄いブランクスとAGS組み合わせでパワーがある程度あり竿の振り抜けが良いのが気に入ってます。

・アキアジ用とか、HRFとか、北海道向けの竿を多く作ってくれているから。

・シマノ派だった自分が、ダイワのAGS(ラブラックスAGS87LML)を使用してみて、その軽さとブレ戻りの早さに驚かされ、もう他のロッドには戻れないという感想を得て、「ひとつの商品からこんなにも大きな感銘、感激を受けたことはない」という体験をさせてもらったから。

・世界のダイワという安心感と技術力デザインが好き

・基本的に値段が安いから。あと村越さんが好きだから。

・体感的に剛性があるような気がする

・何故かダイワばかり買ってしまいます。

・AGSガイドの反応

・チタンティップやAGSなど斬新なアイデアを商品化するところが魅力的です。

・やっぱりダイワです。シマノよりデザイン的に好きです。メジャクラもコスパが高くて好きです。

・DAIWAは使いやすさ重視だからです!

・釣具と言えば「ダイワ精工」の子供の頃から刷り込まれたイメージが強いです。また、大手ならではの免責の安さと、トヨタに通ずる製品としての安心感、安定感もあります。

・デザインが良い

・ラテオが素晴らしく良い。軽いし見た目もカッコいい。

・個人的にダイワの竿は他のメーカーに比べてデザインがいいと思う。

・魚種多様でお手頃価格からラインナップが多いから好みのロッドが必ず有るし選びやすい。デザインやカラーも好きです。但しリールの方は…

・DAIWAのブランジーノは軽いので大好きです

・AGSガイドなど新しい技術を積極的に取り入れるからただし、リールシートが一部のハイエンドを除きダサいので富士工業を採用してほしい。

・現在モアザンブランジーノ87MLを使用しています。自分のなかでは一番シーバスフィッシングがうまいと思う大野ゆうき氏が使用しているというのがきっかけです。もともとランカー用と言われるだけあって固めのロッドとなっていますが、キャストの安定感とそれでいてバイト時のバットからのしなりには釣りあげるという楽しさを味わうことができます。あとはなんといってもステイタス(笑)

・昔から使っているから。

・ブランジーノAGSにして軽さとシャキッと感が自分に合っている。カーボンといえばダイワ。有名プロが使っている為、間違いないと思える信頼感。

・釣具のキャスティングに行きやすい環境にあり、ダイワに触れる機会がおおいから。ロゴが格好いいから。正直他のメーカーとの性能の差はわかりません。

・ダイワしか使ったことがないから

・AGSの衝撃!

・初めて買ったロッドメーカーなのでずっと使いつっけています。

・軽いし感度がいい。免責額が安い。

・種類が豊富で壊れにくい!

・使いやすい コスパ

・AGS最高です。

・最初に買ったメーカーなので

・安価なモデルでも最低限の性能を持っている。クセがないのはつまらないところでもあるが良いところでもある。

・個人的に!!幼い頃よりDaiwa党

・軽さと剛性のバランスが僕好みです!値段よりも価値のある1本を作っているメーカーだと思います!!

・軽いし、キャストした後が気持ちよかった(トラウト)

・コスパがよい!

・2大メーカーの1つであり、安心。ラインナップが豊富で 価格帯も幅広く、とりあえずの釣りなど最初の1本を選ぶのにはコンセプトが分かりやすく選びやすい。

・間違いない

・コスパがいいのと、竿の免責が他のメーカーより安いのがいいですね。

・コスパが素敵です

・軽いしバランスがいい!

・メタルトップ系が好きだ。

・昔から竿はダイワ。使いたい竿が多いから。

・本当はシマノ!と答えたいのですが、ティップのコシの強さはシマノよりダイワの方が断然強い。

・カラーがカッコいいと思っている(笑)

・初ショアブリで入魂できたので笑

・サーフアングラーです。Daiwaのラテオを使用しています。曲げて取る竿が好みで愛用しています。感度もそれなりです。コスパが素晴らしいと感じます。ただし上位機種のAGSシリーズは、何度か隣でへし折れている場面を目撃してしまい、買う気にはなれません。。。

・Daiwaは、最大手とありラインナップが充実していることが最大の要因です。個人的には源流から外洋、クチボソ・タナゴからマグロ・マーリンまで季節や気分に合わせて楽しむタイプだからですが、相対的には最近のメーカーは極致化ないしは専門化して不適正に単価を上げる傾向がありますが、不況の世の中なので苦肉の生き残り策といういみでは仕方ないですが、結局は釣り離れを生むだけに思えて残念でなりません。そういった思いからでもあります。シーバス以外で記載メーカー外でもよければ、私は宇崎日進が一番好きです。特にどうかとはただの釣り好きにはわかりませんが、特に魚を数多く釣るヤマベ(オイカワ・ハエ)釣りでは竿は軽さ、操作性、手返し、釣り味という相反するファクターを合わせ持たさなくてはいけませんが、私にはそのバランスが宇崎日進が最高と思っています。あんまり知られていない、もしくは最近の若い人は知らないかもしれませんが、渓流・清流釣りでは愛用しているベテランは多いです。Apiaやメガバスみたく無意味に無駄に高くないですしw

・大手メーカーだけあって、ちょうど欲しいスペックの物が揃っている。他社にはない、MとHの中間的なスペックなど使い回しが出来て汎用性の高い物が多いのが嬉しい。

・好きというか…やっぱり自分なりに良い物という感覚だからですかね。。。そこまで多くのメーカーのロッドを振ったことはありませんが、やはり、AGSの恩恵でしょうか、軽いし感度がいいし、振っていて良かった。実際に魚を掛けてから、更に良い感じましたね。私は主にショアサクラ、アメマスで使用してますが欠点は上のグレードになると脆くなる点でしょうか。ダイワが大好きという訳ではありませんが上記に該当するメーカーがなかったので。好きなメーカーといえば、イトウクラフト・D3です。理由は…カッコいいからでしょうかね?笑気付いたら好きでした。

・ラテオが好きだから。エントリーモデルはシマノよりダイワの方が製品か充実している気がする

・モアザン102MML使用しています。曲がりが素直で魚をいなしてくれる感じがします。踏んでしまってティップを折ってしまった時も免責で対応でき、盆時期でしたが1週間程度で返ってきました。

・信頼の出来る国産メーカーであることに始まり、ハイエンドモデルからローエンドモデルまで幅広いブランド拡張を行っていて、私の様なミドルモデルまでのロッドしか買えない様な者にもハイエンドモデルに匹敵するようなロッドを提供してくれ、ブランド価値が非常高い。さらに、ダイワのロッドはプラグやメタルジグを背負える重量の幅が他のロッドメーカーと比べて広く、例えば9フィート以上のシーバスロッドを一本持っているだけでもライトショアジギングまで行えたり流用出来る幅も広い。それに加え国産メーカーの双璧であるシマノの比べても修理やメンテナンスの対応が良いと感じる。以上のことがダイワのロッドが好きな理由であるが、単にブランドロゴが格好いい。ということが他のメーカーとの大きな差であることが否めない。

・デザインとスペックが気に入った

・信頼できるメーカー

・釣りを始めた時から、使っていた。ティップ~バットまでの曲がりが、自分の感覚では一番ベスト!!

・軽いから

・雑に扱っても折れにくい。

・私の無知な釣り具知識では無難と感じます。こちらフカセもしますが、フカセについてはやはりがまかつに軍配があがるよわな気がします

・ダイワのロゴが好きそれ以外に理由はありません!

・正直に言うと、シーバスを始めて1年ぐらいなので他のメーカーのロッドを使ったことがないからわからないけど、今使っているダイワのロッドは使いやすいし見た目もカッコいいので好きです!

・曲がりが好き

・見た目と価格以上のスペックがあるところです。エントリーモデルしか買う程の金銭余裕がないのですが、ダイワのエントリーモデルは妥協できないところもエントリーモデルには採用されてるのがとても財布にも優しいです。

・価格設定の広さがあるので、予算に応じて探しやすい

・いま使っている竿がダイワでとても使いやすいから!

・軽くて剛性。

・釣り歴は浅いのでなんとなくDAIWAが多いですただのブランド好きと言えばそれまでですが地元の釣具屋にも種類が豊富ですし手軽に手にできるブランドと言うことで

・最近釣りを初めて、各ブログサイト等にてオススメから入ったが、デザイン、コスパがいい

・初めてサーフでヒラメを釣ったから

・デザインや機能

・コストパフォーマンスがいい

・折れても結局買い直すのは店頭で触れるから?店頭に無く触れないロッドは買う勇気がない

・初心者用から変態釣り人用のハートランド広い守備範囲で楽しく釣りをサポートしてくれるから。

・好きな理由としてはデザインが好きですかね。考え方がミーハーなため、「大手メーカー=ある程度の品質」と思っています。

・AGSがあるから。これに限る。初めてAGSが出た時、ガイドを変えることで他者との差別化をはかったのには感心したし、何より錆びないのが最高だ。

・最先端モアザンAGS93は最高です

・村越正海さんを尊敬しているから

・ダイワのロッドは繊細で柔らかく魚がバレにくい!

・AGSガイドは好きじゃないので、あえてチタンのモアザンを使用いています。自分のミノーイング、かなりジャークを多用するのにジャストマッチ、軽さも相まって感度もかなり良いです。

・ダイワファン

・デザインが良く、自分のキャストのフィーリングにしっくりくるから

・大きなメーカーで信頼出来る。ロゴがかっこいい!デザインも自分好みで見ているだけで惚れ惚れする

・デザインが良く個人的にはS社より総合的に良いと感じる事が多いからです。

・主にエギングが主体な為

・数少ないロッドブランクスから作り上げている事と、日本のルアーフィッシングの発展時期からダイワを使い続けてきており、逆に他のメーカーはそんなに使ってこなかったから。スティーズシリーズだけでなく、他の下位モデルも剥かしと比べて品質のボトムアップがされてきて、予算内で買えるブランドが増えてきたので他メーカーを選ぶ理由があまりないと感じてます。

・なんてったってAGS。他のメーカーにはないですから。デザインも良いです。

・特に拘りは無くどこのメーカーも使いますが、メインに使うロッドはダイワが多いです。ラインナップが多いので何かに特化したロッドが多い気がします

・ダイワ信者です。

・どこでも買えて、高性能

・使いやすい。

・かっこいい

・何よりデザインがいいあとはお値段以上の竿が多いかなダイワ→シマノ→ダイワと結局戻って来てしまった

・軽い竿が好きなのでダイワです。

・軽い、デザイン。メーカーなのでブランドの付加価値を加える必要がないので安い値段で良い物を出してくれる(イメージ)昔はシマノ派だったが、ダイワの方が最近は釣りに真摯であるように感じる。なので商品も魅力的な物が多い

・大手であることで、安心感があります。

・デザイン&好きなアングラーが使っているから。

・大野ゆうきさんがダイワのロッドを使っているので。大野ゆうきさんのファンなので(地元が近いこともあり)

・投げる時のロッドの調子とアタリの取りやすさが1番好き

・値段は高いけど、種類が豊富だから。

・ルアーシーバス始めて1年ちょいのまだまだビギナーを脱しきれていない自分なのですが。そんな自分が最初に選んだラテオは96?を筆頭にたくさんのシーバスと会わせてくれたし、バラシも多かったけど、それもまた『勉強しろよ』と叱咤されてるみたいで? 上を見たらキリがないしコスパに優れた相棒だと思ってます。

・シマノと答えたいのですが以前、リール修理に関してあまりにもって答えの返事があったものでリール、ロッドは使用しなくなりました。ベイト、両軸に関しては使ってますが…ダイワは上記に関してやる気があるのか?笑古い話で申し訳ありませ。

・軽い、感度が良いのにパワフルだから。

・見た目がかっこいいため。

・金と黒のデザインが好み。 また、学生の自分にはラテオのデザインや質感に対しての価格帯はとても満足のいくものだったから。

・理由は2つ。1つは『品質』ブランクスだけでなく、ガイド、リールシート部、グリップ部(EVA部分)の全体で国産品らしく、しっかり作られている感じがする。ネットで見かける『AGSはすぐ壊れる』『ブランジーノは折れやすい』等の悪い印象は全く持っていない為です。2つ目はアフターサービスがいい事。大手メーカーだけあって、高額なロッドでも免責金額が安いと言う事と、ほぼ全ての釣り具店でメーカーとのコンタクトが取れる為、遠征先での不意のトラブルでも対応が効いた事が挙げられます。以上の理由から私はダイワが好きなロッドメーカーになっています。

・使用感。なんとなく昔から使ってるから。

・AGSガイドの感度はやっぱりすごい

・今年シーバスフィッシングを始めたばかりなのですが、1番最初に購入したのがダイワ ラテオ 8.6MLでした。竿自体も軽く高級感もあり非常に気に入っています!あと、値段も安いです。2本目もダイワを買おうとおもっています!

・どちらかと言うと、負荷をかけると素直に竿全体で受け止めてくれる指向なのが好き。パリパリのロッドがはびこる中で、非常に使いやすいロッドを提供しれくれていると思っております。

・魚種別に作り込まれたラインナップが豊富であり、カタログ性能以上の品質があるため。

・ナンダカンダ、ダイワのロッドが多いですね。軽いロッドが好きなので、ロッドはダイワになってしまいますね。特にAGSのロッドが気に入ってます。

・鉄板、ハズレが無い

・最初に買ってダイワ以外使ったことがないから

・モアザンが感度も良く最初にシーバスをかけた始まりだから。

・使っていて、特に不満がないから。

・手堅い。

・父が好きだったダイワ。社会人になり、安いロッドだったけど自分で選び初めて買った嬉しい記憶のダイワ。子供の頃に父とした釣り、初めて当時の自分には奮発して買った思い出…今では何かとシマノ製を多く使うようになりましたが、ダイワには少し特別な思いがあります。

・細く軽いのに、しっかりした張りがあるので大物が掛かってもパワー負けしないのがダイワだと思ってます

・好きなメーカーと言うより父がダイワを使っていてそれを譲り受けたので他のメーカーをよく知りません。他にも貰ったのてますがダイワ、シマノしか使った事が無くお世話になってる釣具屋さんでもダイワ、シマノを使ってれば間違いないと言われダイワ、シマノしか使った事がありません。

・近所の釣具屋さんがダイワ推しだから自然とそうなってしまった。簡単に言えばシマノを知らない・・・(/´△`\)

・質の良さ。耐久性の良さ。

・大きな理由として同性能帯での値段が低く抑えられていること。メーカーとして信頼出来ることも理由

 

嫌いと答えた人の意見

・メーカー公開のロッドスペックが実物との差が他メーカーに比べ大きいように感じられるため。 あくまでも自分の主観となりますが。

・ダイワ信者のため

・高い竿でも金の色などが安っぽく感じます!

・AGSが弱すぎる、あまりにも肉の削ぎ落としすぎ。

・もっともらしいが全くでたらめ!

・20年前、磯釣りを始めた頃、なんとなく値段で選んで使用しましたが、腰のなさというかそんな感です。がまかつのように胴で粘らない。それ以来一度も触ってないので最近のモデルは知りませんが…。

・数本使っていたが、直ぐに折れる事が多かった。私の使い方が悪いだけかもしれませんが。

・嫌いという程のメーカーでもないが、ネーミングセンスはないと思う。

・ロッドの耐久性が低い。ヘタれるの早すぎて驚いた。

・特にはないですが自分のイメージ的に重そう

・マグシールドがインチキ臭いあれを買って失望した人は数知れず

・ロッドだけではなくこちらも総合的にですが、製品の耐久力・クレームに対する反応の悪さ、遅さでいい思いをしていないのでコチラのメーカーの商品は買う事は無いです。

・某有名エギンガーがテスターになってからやたら高級ロッドが販売されるようになり、売上重視感が出過ぎかな~っと…万人向けのロッドすぎて面白味が無いかな。

・AGSガイドは、感度はいいと思います。ただ、割れやすいのが難点です

・軽さ求めすぎてて折れそう

・嫌いなメーカーは特にありませんとにかくシマノが大好き??

・すぐ折れる。

・嫌いと言うか、現在使用中なので。ダイワ以外の使いたいと。

・ラインナップが多いといいますか、その打ち出し方が分かりづらいと感じる。特にホームページ。

・釣り場に立つと気になるのが、やはり他人のロッドやリールジャケットやウェアにも目がいきますが、ミーハー感がして好きになれません。

・カーボンのガイドが折れる

・高価なロッドは確かに素晴らしいのは分かります。でも旬を過ぎる(張りがへたる)が早い感じがします。過大広告で煽りたて過ぎだと思います。殿様商売商品の開発費用のが豊富な国内の最大手メーカーさんなのでアフターサポートに力を入れて欲しい

・AGSは軽くて良いが壊れやすく修理費が高い

・折れやすい

・ただ単純にシリーズ毎の特色やラインナップが分かりづらいため。しかし、ヒロ内藤氏が認めたその技術力を盛り込んだ、近日入手予定のヒロイズムロッドを振るのが楽しみです。

・デザインが下品。

・殿様商売的なところ

・王道過ぎて殿様商売的なところ

・メーカー自体が嫌いだから。ダイワ製品は一切使わない。

・以前にロッドを修理に出した際に対応が悪かった

・折れたから

・釣り具全般に言える事だと思いますが、何しろ釣りをしない人から見ると本当にデザインがダサイです…僕らはプロではなくて趣味として釣りをしているので自分の周りの理解の上で釣りに行けているんです。自分の場合は嫁に理解を求めて釣り具を買っているので、だいたいのメーカーの竿なんか常にバカにされてる感じです…もはやウェアなんて論外です。罰ゲームです。山登りメーカーはカッコ良いのに、釣り具メーカーはなんでこんなにダサイんだろ…

・粘りや軽さはあるけど、モッたりした感触が気になる。魚はバレづらいからルアーがわからなくなる時がある。

・いいものが、それ以上に高い気がする。

・弱い

・硬すぎると印象が強く(ディップか特に)使いにくくすぐ売却してしまったため

・折れやすいです。

・シーバスロッドに関しては、折れやすい。値段が高い。アフターサービスが悪い。平均的なものを作りたがる。軽さ市場主義は、やめてほしい。

・友人からもらったロッドの修理を依頼したら(出来ません)の一言で送り返されました、トップガイドの交換とグリップの交換だけなのに…結果地元の釣具店の店長にお願いしました

・嫌いなメーカーではありませんが、必須項目なので使ったことのあるメーカー以外は書けないので・・・他に使ったことのあるメーカーは上の質問でも書きましたが、ダイコー、ヤマガブランクスです。

・ダイワのロッドは非常良いと思うのですがAGSガイドについてだけは、良い印象が無いからです。

・ガイドがとれた。

・ラテオを使用。扱いやすい竿だが、つなぎ目の取り外しが堅くなり苦労。釣行後に毎回、水洗いで手入れ。他のメーカーの竿(シマノ、エイムス、メジャークラフト)ではなかったことなのに。残念。

・価格帯が高い。折れやすい。

・長尺ロッドのあのバッドの太さと先重りはなんとかなんないのでしょうか?カーボンといえばダイワ。と昔もゴルフシャフトにダイワのカーボン使ってたんですけどね。

・あえて言うならです。最初に買ったメーカーですが使い勝手が良くなく、すぐに壊れました。

・ロゴが嫌い。

・AGSガイドがキズつきやすく出番が無くなった。物はすごく良いのに自分には、使いにくすぎた。

・商業的な要素が強く感じるから値段をもう少し安く提供してほしい。使っていたラテオがすぐに折れたから。ダイワとシマノ以外は素人が手を出すのは気がひけるので、使った事がありません

・ダイワというよりagsに対しての文句だが、非常に割れやすく神経を使ってしまうロッドがよくてもガイドで渋ってしまうことがある。

・ブランクの素材が昔から変わってない。昔は好きだったのに…

・ウェイトキャパギリギリでもだいぶしなる。

・高い

・釣りと言えばダイワという感じが嫌。

・DAIWAを選びましたが特にありません。

・ダサイやすっぼい

・折れやすい。

・嫌いな訳ではないんですが?使用してるのが、シマノなんで俺はシマノ一筋だ?と思いDaiwaさんにしました?

・好きなメーカーでもあり嫌いなメーカーでもありますね。商品によってムラがあったり、顧客への対応にやや不満があるため選びました。

・磯釣りで初めてなったのがトーナメントシリーズでした??1、2回使用して次のメジナ釣りに出かけたら一回目の合わせで竿先が折れてしまいそれからはがまかつなどの竿を購入しています??

・ジグキャスターとかのネーミングセンス。

・なんとなく

・ロゴ

・不備が多い壊れやすい

・友人のものを貸してもらってキャストしたが、あんまり自分に合っていない気がした。柔らかく乗り調子であるが故にシャッキリとした感じがしなくてイマイチであるのに加えてデザインも自分の好みではない。そして、メジャクラユーザーの私からすると値段がどうしても高すぎて手が出ない…。

・デザインはかっこいいと思いますが、全製品にも言えることだが値段が高い~_~;学生には厳しいです

・評判が良くて使ってみたラテオが素で持つと軽いけど使うと胴がなさ過ぎて持ち重りを感じる。ダイワの竿のルアーの重さ表示はウソだと思う。あの表示に習えばどのメーカーもあと10g~20gは上乗せできると思う。

・AGSの耐久性が気に入らない。少しの衝撃ですぐに壊れてしまう。性能がいいだけに勿体ない。

・種類までは記載しませんが、以前使っていたシーバスロッドが購入して3ヶ月で2回も折れたことがありました。これに関しては使い方が悪いのだとは思いますがそれにしても、折れすぎのように感じました。かといって全てがダメということではなく、最初に買った自分の釣りで1番使用頻度が高いエギングロッドはもうすぐで2年目ですが今のところノントラブルです。

・何となく買う気がしない。ロッドの性能のわりに高いような気がする。

・よく折れる。折れているところを見る。

・試してみたものは少ないですが、どうもしっくりこない。

・柔いから、少しの傷で折れる

・軽いが弱い

・無理なやりとりをするからとは思いますが、ちょっと折れる機会が多すぎて苦手意識があります

・ベイトのリールシートが供回りでフット傷が付く。

・いきなり折れました。

・後出し、対抗しすぎ

・ジギングロッドソルティガを使ってるのですが硬すぎて使いにくいから。

・ソルティガの完成度。最高峰のリールなのにマグシールドやらリコールやらリールのシャーシャー音など完成度が低い。やっと買えたのに…。

・何故かあまりいぃイメージが無い。シマノと比べると開発が1歩、2歩遅れてるイメージ。

・リーリングが重く、リールもステラに比べて重みがある気がする。グラムわそんな変わらずともそう感じる…ステラが良すぎるのでしょうか!

・とりあえずダイワ全体があらゆる面で嫌いだから

・小学校の頃シマノ派ダイワ派に分かれていて、昔からずっとシマノ派だったので、今でもダイワは好きではない

・元々使っていたのですが、まず、高い。同等のスペックで比べた場合、他社の製品よりも遥かに価格帯は上がると思います。また、リールシートからグリップエンドまでの長さのバランスやロッドそのものの重量なども好みでないため。上の選択肢に無かったのですがブリーデン、リップルフィッシャーも非常に嫌いなメーカーです。

・軽量化し過ぎてすぐ折れる。下手くそなだけですが。

・みんな使ってるけど、高くて手が出ません!ステラが当たったら、ヒーローになれます!

・嫌いなロッドメーカーが選択肢になかったのでここに書きますモーリス のスローロッド ヴィオレンテって言う物を購入したのですが.2~3回使用しただけでバット部分のエバーグリップが取れてしまったので

・高い割には物が悪い

・高価である割に不良品が多い。

・特に嫌いなメーカーはありませんが選択しないといけなかったので選択しました

・ダイワの修理部門であるスポーツライフプラネットの対応があまりにも酷すぎる点です。現在のロッドが折れて免責で交換したティップ側が数投するとズレてしまいます。スポーツライフプラネットに電話した所、また修理に出してくださいとの返事でした。ダイワの最上位機種ですよ。初めから緩いと思われる様なものを免責だからといって適当なつなぎの緩さで平気でユーザーに返す所は考えられません。あと2番ガイドのエポキシ部から巻いてある糸が若干出ているのもあり得ないですね。made in Japan とは思えないB級品レベルの物を仕方なく使ってます。ハイシーズンが終わったらロッドは修理に出す事になってますが、不信感だらけなので心配で仕方がありません。言われてから直すのは誰でもできると思いますが言われなきゃB級品を平気で使わせるスタイルはあり得ないです。トップから3番ガイドまでのガイド絡みも多すぎます。適切なガイド位置で造られていたらガイド絡みは必ず減るはずです、要するに職人というよりアルバイトレベルの人達が造っている低レベルなメーカーとしか言いようがありません。

・高すぎます。あとマッチザバイトを追求しても、そのパターンで釣りができる事はなかなか無いので、ユーザー志向では無いと思う

・偏見かもしれませんが、「Daiwa」と名前が付くだけで高いイメージ。

・細分化し過ぎ

・嫌いというほどではないですが、ちょっと前のロッドは持ち重りがしてダルめなイメージがあります。あと、最近のAGSガイドが生理的に受け付けません。

・以前使っていた竿(延べ竿、投げ竿)の先が、魚を掛けて取り込んだ時に折れた事があるから。

・モアザンブランジーノを使っていました感度は良かったのですが、ほとんどのガイドの根元のエキポシにクラックが入りロッドも折れてしまいました、「色々使いましたがこんなに脆いロッドは初めて」なので買わないです。

・細くて怖い

・商売の仕方があまり好きでない!商品も、手にとって必ず確認してみますがしっくりこない。なんかどこかに違和感がある気がします!

・初めてルアーロッドを買ってすぐ折れたから

・よく折れるイメージがある

・値段の割に無理が出来ない?パワーファイトにはあまり向いていない気がする。

・マグシールドに信頼がおけません。10セルテート、13セルテート共に3012H使用しましたが塩ガミし使い物になりませんでした。使用頻度は週一、二回釣行時間は6時間程度で使用年数は各2年弱でガミガミな感じです。

・シマノと対抗してるので!

・リールがシマノなので。ダイワはロッドもリールもチャチな感じがするから。

・折れるし、AGSが破損する、表記のウエイトは投げれない。

・前に一度帯電流を経験したから

・ダイワ、シマノ、メジャークラフト、アブガルシア、Gクラフト、エバーグリーン、メガバス等の安価なモデルから高価なモデルまで使用してみたことはあるが、これといって不満を感じたメーカーはなかった。必須項目なのでダイワに印はつけたものの不満はない。

・モアザンシリーズ1.値段はバカ高いが値段に見あったロッドじゃない。2.購入後数回使用で継ぎ目が抜けにくくなり、修理に出すが[悪いところはありません]との事で修理不要で戻ってきた。このままじゃ使えない。日本の一流メーカーはこんなもんなのか。

・チタンティップのロッド作ってる割には、駄作(特にアジング用)しかない。特許を取っているのか何かわからないが、他のメーカーにも作れるようにして欲しい。(商売なので仕方ない面は有るだろうが) 自作するには自分には時間が惜しい。

・う~ん

・シマノが好きだから。

・他メーカーのリールがつかないことがある

・嫌いなロッドメーカーの名前が無かったのでダイワとしましたが、1番嫌いなのは征興(すみません字を忘れました)のヘラ竿とティクトのアジングロッド(b4)です。理由としては、征興はデザインその他余計な事をし過ぎているからです。ティクトのアジングロッドは、私だけの感覚かもしれませんが(b4)モッサリし過ぎかと…多点継のロッドでは仕方ないのかもしれませんが、まだ某メーカーの安価な多点継ロッドの方がマシに思えます。ティップ部分を自作で作り替えた程です。

・無い!

・最近のロッドは各魚種への追求に応じて飛躍的に進化していると同時に根本的な『釣り』という本来の楽しみを奪っているような気がします。釣りたい魚を対象にロッド購入を考えるアングラーは別として、初心者にとっては「シーバス」を釣りたい!という願望より「魚」をルアーで釣ってみたい!という願望の方が多数だと思いますが、蓋を開けてみると魚種関係なく幅広く使えるロッドの間口は非常に狭く、半強制的に釣りたい魚を決めさせられ、釣りたい魚を決めた上でのロッドの購入へとレールを張られている気がします。拘っているアングラーには魅力的に映るものばかりですが、昔と比べると初心者には優しくなくなったような気がします。

・リールが嫌いなため竿も嫌いになってしまった

・ダイワのロッドが嫌いって訳ではないけど、リールがシマノ派なので、ダイワのロッドにシマノのリールは自分には出来ないなーと以前セルテートを買って不具合でスポーツプラネットで何回もやりとりしたのでダイワにいい印象がない でもAGSガイドの感度は素晴らしいと思う。ダイワのロッドじゃなければ使います(^ ^)

・低価格のロッドは保証なし、大手メーカーなのにどうして出来ないって思います。

・毎回6割~7割の出来なのに発売する、その理由は毎回100%に作っていたらすぐに次を出せないから、その割に値段が高い、AGSをつけた所でトルザイトには勝てない、竿を軽くすればいいもんではない、竿の調子をやたらと柔らかい物を発売する、ちゃんとテストしてるのか疑問、なぜなら新しい竿をどんどん出すから、デザインがかっこいいだけでは売れない。ランカーに重点を置いた竿ですとか言っててもいつもと変わらない物を売っている、曲げ込みをするときもティップを後ろに引っ張るだけでちゃんとした曲げ込みをしてくれない、それなのに折れません、強い、ランカー用ですとか簡単に言ってしまうメーカー

・メーカーは嫌いではないが、佐藤可士和デザインの多使用感が嫌い。磯で威張って見えるのはなぜだろうか、佐藤可士和デザインは嫌いではないのだが、ブランディング推しの見せ方がかっこよくない。一昔前のDaiwaデザインは好き。持つもので使うものでだからロゴのデザインが目立っては台無し。あくまで控えめがよろしい。

・何でだろ?何故か嫌い。

・軽いだけの竿は要らないです

・よく折れる

・ネームバリューだけで高額。

・自分のキャストスタイルには柔らかすぎて合ってない。Gクラフト使う前にモアザンAGSを使ったけれど、釣行初日にキャストで折れてしまってから信頼感が無い。

・モアザンAGS96MLがありえない所から折れたから

・初代モアザンとセルテートの頃は良かった。今でも、現役!マグシールドもAGSも良さがわわからない。中級クラスのロッドが安っぽくなったような?アジングでいうとロッドの張りを勘違いしてるような?

・柔らかくてすぐへたると聞くしマグシールドの評判とそれによる不信感から自然と避けてしまう。

・購入層がイキッテる感じ、おらついている感じがするからです。

・全て中途半端。もうちょっとのところがどのクラスの竿でも足りない。当たり障りないがソレを選ぶにあたり何か欠落している。

・デザイン。

・特に嫌いとかではないがモアザンは折れやすいと聞いたため

・感度も飛距離もいまいちだから。

・キャストフィール

・私自身は、使用をしたことがないのですが、使用をしている友人が多く居ます。しかし、なぜか、皆、折れます(笑)特に雑にしている訳ではないのですが、とにかく、ダイワのロッドは耐久性に欠ける。というイメージが強いです。高価なわりに、弱いイメージです。繊細に作りすぎなのでしょうかね。

・頑丈すぎる

・しょぼい、薄っぺらい感じ

・AGSガイドは気を使うから疲れる

・基本的にダイワが好きでわありません。

・合わない(キッパリ)

・使ったこともないがシマノ派なので何か手が出せない…。調子に乗ってるやつが使っているイメージ。

・ちょっと高すぎる…

・値段が高いかなAGSとかマグシールドとか目を引く技術はあるけど、壊れないのかな?

・無駄に高くて、高いくせによくない。

・嫌いなメーカーではないです。ただリールの有名なメーカーの竿は使いません。ダイワの竿にステラ、シマノの竿にソルティガなどのメーカーの混合が感覚的に無理だからです。

・嫌いと言う訳ではないですがバット部が弱そうで

・AGSシリーズはよく不具合(折れる)がある。メーカーの回答も納得できない答えが多い。物も対応もイマイチすぎるので、脱ダイワとなりました。

・修理対応が悪かった。AGSロッドの修理の際、きちんとガイドが固定されておらず再度修理依頼が必要になったためです。

・設定が細すぎて所有欲を満たさない。ガイドが、これだらーじゃアングラーには伝わない。、求めたい事の本質を伝えて欲しいこのロッドいとついとつの戦い方を。

・AGS感度はいいけどすぐ折れる

・新ロゴになった頃から、駄竿と思える新製品が増えたと感じたため。詳細な理由としては、アワセが決まりにくなり、魚が寄らなくなり、ルアーの飛距離も出にくくなった事が挙げられる。露骨なコストカットや誇大広告が増えたため。ブランドロゴや見た目に頼る所が大きくなったと感じられるため。

・去年、メーカーにロッド修理で手酷くあしらわれたから

・自分の感覚にロッドのフィーリングが合わないのかしっくりこないから。

・高い。

・安くて色々製品がありますが、すぐ壊れるイメージがあります。大量生産でコストパフォーマンスがあまりないように感じます。

・少し柔らかいです。腰抜けも早い気がします。AGSなど感度がよく軽い所など良いところもあるのですが。

・私と知人と2人で釣りに行った際に知人2人は全く同じダイワのシーバスロッドでしたが、2人ともバイブを投げたら折れました。。。折れた箇所は違いますが(1人はバット部、1人はティップ部)、まさかの出来事で2人目も折れた時点で3人で大爆笑でした(笑)実売1万円くらいの安物でしたが、まさかキャストしただけで2本とも折れるとは…偶然でしょうがそれ以来イメージが悪くなりダイワだけは買わないと誓いました…因みにメジャークラフトのロッドも知人が待ってましたが、バット部に小さな穴が開いて良く見たら虫に喰われてました(汗)最初は目を疑いましたが、小さな幼虫みたいな虫が出てきてビックリでした!製造過程で中に居たのが出てきたのか?たまたまロッドを木の枝と間違えて穴を掘ったのか?不明ですが…虫喰いに遭うロッドって…当然メジャークラフトも買いません(^^;;しかし同じ日に同じダイワのロッドがキャスト折れしたダイワが一歩上でしたので、今回はダイワにしました!

・確かにカーボンの扱いは上手いと思う。上記したように、感度は抜群であるが、繊細に扱わないとすぐに折れる。あと、乗り調子であるが故、のされる。

・一方で半年以上釣れないなど悲しい時間も過ごしたから。特に真冬に釣りに行ってボウズで帰ってくることになった時は胸が痛くなりましたが、なんだかんだでずっとジグキャスターを使い続けています。

・グリップデザイン かっこ悪い

・相性の問題?

・価格の割に性能がイマイチ

・何と無く

・嫌いな理由にはなっていませんが、持っていないので。

・不意に想定外の魚がかかった時に、安心して、やり取りができない

・好きでも嫌いでもないが、シマノ派だから。

・第一に見た目が嫌いシマノのパクりのようなきがする一度折れたことがあるからちょっと…

・スポーツラインシリーズ不良多すぎるから

・柔らかすぎの印象を受けます。

・高すぎる

・高額なロッドを購入したが不良品で交換してくれなかった

・ありふれた感

・業界最大手なのに会社全体が厨二病。見てくれやスペックはすばらしいのだけれど。ルアーロッドでなく磯竿ですが、ちょっとコンクリートにあたっただけでサクッと割れてしまうのが4本の竿で計5回。鮎竿でもよくあるらしいですが、SVFとかいう低レジン製法をうたっているけれど外部からの衝撃にあまりにも脆すぎます。

・嫌いとまではいきませんが、値段も高いですし折れやすいとよく聞くので他のメーカーのロッドを使っているときより気を使ってしまうので。

・軽いが弱く折れる

・悪くはないですが、もっと歴史あるメーカーとして先陣をきるような開発をしてほしなと。最近は流行りの後追いばかりでロッドだけでなくすべてに後手後手になっているような気がします。

・折れやすい

・エリア用の割といい価格のロッドを買いましたが、やはりと言うかA〇Sガイドが2シーズン目にして割れると言う。。。

・いわゆる自動車メーカで言うところのトヨタ的存在に感じています。良く言えばトータル面で安心感がありますが、悪く言えばエッジが弱く感じます。また上述にも記載の通り、どうしても、製造より販売に力を入れている印象が拭えず、悪い意味での素人感を覚えます。もっともイメージですので、実用とは異なりますが・・・

・下位モデルの2Pロッドを買った時、ジョイントがきつ過ぎて抜けなくなったことがあった。下位モデルでも、最低限の商品チェックはしてほしい。

・線が太く、ゴツい感じ

・無駄が多い。値段と性能が不相応。

・ライトゲーム用の竿を購入したが大きいのが掛かった時にグリップがきしんだ。価格に見合っていないと感じた。

・周りにダイワ使用者が全く居ないダイワ使ってたけど、シマノに流れた方が多数いたりしてあまりダイワの竿に対していい話を聞かなく自然とダイワは好印象になれません。

・逆にブランクスのテーパーがあまりあってない。合う人には合うと思う。自分に合ったテーパーを選ぶのは凄く大事なことだと思う。

・どんどん高額になって金儲け感が滲み出てきているから

・とりあえず作ってみた感が凄い。スペック表記以下の能力だった。

・軽くて良いけど、AGS壊れる、ロッド折れる。という噂で使ったことないです。

・嫌いではないんですが、シマノ製品を使った後にダイワ製品を使うと感覚が分からなくなってしまうからです!硬さがあり、手に馴染まないなと感じました!

・張りはあるけどよくおれてるのを見たりしているためAGSも割れる

・デザインが地味な感じで好みではない。

・全般的に「硬い」感覚があり使いづらかったです。

・嫌いと言うわけではないが、あえて言うと。メーカー全体の印象から。

・まだこれからなので嫌いなメーカーはないので困ったあげく値段が高いかなーでえらんでみました。質問からそれててすみません

・表記がものすごくわかりにくい。xとか意味があるように感じないアルファベットを並べられるので、公式サイトも見る気にもならないし、気になる物を探しにくい。あと、初回仕様で折れてせっかくの遠征釣行が無駄になってしまったから

・柔い。軽すぎる。あとリールがシマノだから。

・ダサい!デザインがありきたり!

・モアザンを二本使ったけど、ヘナヘナになりやすい気がした。

・見た目

・特にありませんすいません

・高弾性な物を使用中に根掛かりで折れた。デコピンのようになり、額にミミズ腫れが出来たから。

・以前、中古品だけど、使ってみて扱い辛い思い出しかない。

・手抜きしている感じのロッドの作りが多い。宣伝に力を入れ過ぎて何もロッドやりーるに関しての知識力、理解力がなっていない。クレーム品や修理品などに関してもお客様第一と言う気持ちがなっていない。

・AGSが好きではない。

・高い。スグ折れる。ほとんどのロッドのティップがフニャフニャすぎる。

・すぐに折れる。商業主義が過ぎる部分があり、リールも含めて好きではない。

・ヤワな竿すぐ折れる

・あまり魅力を感じないオヌマンがパズからダイワに変わったがその際パズに全く契約更新の連絡しなかったとの事それを許し契約するのを良しとするダイワの人でなしの体制に疑問を感じるオヌマンはキライじゃないが人に指さされるような立ち回りを許すダイワには?とならざるを得ないプロの世界だからアリかもしれないが俺はイヤ…

・嫌いではないが、コスパがあまり良くない点や、軽量や感度を求めすぎて折れやすかったり、ガイドが簡単に壊れやすいためあまり好まない。しかし、ファイトした時の魚をいなす力は凄いと思う。

・AGS…感度は良いらしいですがまわりでロッドがポキポキと…使い方にも問題があるがあまりに見すぎました…

・長さの割に軽くパリッと感は嫌いじゃないが破断強度に不安を感じる。これからのダイワロッドの象徴とも言えるagsガイドに関しても外からの衝撃に弱く不安。値段も高く多少気を使うロッドかも

・ダイワが好きじゃない

・AGSが合わない。ルアーの重みをしっかり乗せれない気がする。

・ロゴデザインが嫌い

・昔買ったアーバンサイドカスタムが簡単に破断したのでそれ移行購入しようと思わない

・高級な素材をふんだんに使い、竿もリールも価格は高価なのに性能的には価格に比例した能力を感じない。竿もリールも高価な素材を使ってますよのルックス重視で性能が二の次になってるから。明らかにリコールのパーツを交換に出しても無償交換しましたとしか言わない。

・昔にショアジギングロッド、バスロッドを使いましたが、ショアジギングはとにかくブランクスがだるく感じました。軽いのにだるい感じがしてあまりでした。個人的にですが。バスロッドはすぐ折れたので、、ウェアは好きですね。

・名前が

・無駄に高価なイメージ。

・性能は秀逸。メーカー名もトップクラス。でも、実際使っててその差が分かる人はどれ位いるのだろう。売るためのトピックスに終始してる感が否めない。一つしか選べなかったけど、同意見でシマノも嫌いです。

・節操ない感じかなぁ。やりすぎだろって思うことも多いので

・一度だけAGSガイドがでたときにラブラックスAGSを購入しました。購入してから3ヶ月くらいで2ピースロッドの継ぎ足し部分のメスの方から縦にバッキリと折れました。特に荒々しく使ったわけでもないし、まだ購入して日数もあまりたってないので当然メーカーに修理依頼を出しました。そしたらメーカーからはロッドの状態は良好であった奥まで差し込まないで使用したのでは?ときて、有償での修理となります。と。確かに、奥までしっかり差し込んで使用したという証拠はないかもしれません。(しっかり差し込みましたが。)さらにネットで購入したため保証書にはショップの刻印が押されてないってのもあります。ですが、大手のダイワがこんな対応してくるのだとビックリしました。もちろん新品の半分くらいの値段を出されたので修理はしませんでした。この件からダイワのロッド、リールは買わないと決めました。

・一時期は好きなメーカーでしたが、ロッドを軽くを意識してか、リールを考えてせっとしないとバランスが悪く感じます。リールに関してはシマノよりダイワ派でしたが、マグシールド辺りから無駄な進化に向かってる感じで、古いRCSスプールも合わない事からシマノになりました。勢いも感じなく、購買意欲の湧くルアーもないから好きでは無いです。

・リールもだが、すぐに壊れる

・ずっと愛用していたのに、対応が「ハラペーニョ入りの塩」並に冷たすぎる。ロッドは一切買わなくなった。DAIWAで新しいロッドが出たとしても気付かないくらいに関心がなくなった。ロッドブランクス自体も基本弱い。

・過去に使っていたロッドがすぐに折れ、メーカーの対応が残念でした。

・特に理由はないが今まで使ったこともないから

・軽いだけで折れる。

・硬いロッドが多いと思う。モアザンは別格として使いやすいロッドだけど、腰が無くなるのが早すぎる気がする。個人的には弾かれる事が多いロッドが多いと言うイメージが強いです。

・アフターサービスが最悪でした。AGSガイドからガイドリングが外れる。高い価格の割りに不安が残るメーカーです。

・アフターサービスが最低。

・乾いた感じなのが嫌いです。

・表記がわかりにくいところがあります

・リールで問い合わせした時のメーカーの対応が悪く今後使う気が無くなりました。

・AGSガイドが物凄く気を使って使用したのにも関わらず使用数回で破損しました。しかも散々待たされた挙句にメーカー側には落ち度は無い。との回答で修理代を支払いました。以前リールでの不具合の対応も悪く、などとダイワの製品は買いません。

・テスターの方々があまり好きではありません。

・高くて皆が持ってるそれだけ

・欲しいと思うロッドを作らない

・金儲けな感じが強い

・昔のダイワは好きですが、近年のダイワは同じロッド2本が同じ場所で折れたり、それを修理に出して使ったら、また同じところで折れて以来、使っていません。以前はダイワしか使っていませんでした。

・AGSがすぐ割れる。AGSが魚とやり取りしてる最中に割れ&引きちぎれ一気に4つ飛んでロッドが折れた。アフターの対応が悪い。2度と買わない。

・理由は1つ!重い

・すぐ折れるイメージがあります。

・良い竿なのはわかるんですが、折れた時など修理代がかなりかかることです。

・良く折れる

・柔らかすぎて??

・そこそこ高い竿でも台湾製は頂けない。今はどうか知らないけど、昔はいきなり半額セールになって、買った翌日に半額になったことも。。。以来、ここの竿は買わなくなりました。

・嫌いなメーカーは特にありませんが、強いて言うならダイワですかね。メーカー全般のイメージがあまりよろしくないかと。良い物もあるとは思いますが…メジャークラフトの竿が折れるとやたら聞きますが、自分が所有しているメジャークラフトの竿は5年以上使ってますが、全く問題ありません。個体差なのですかね?

・折れやすい。

・価格の割にアフターケアがとにかく悪い。高い。

・基本嫌いなロッドメーカーって無く、嫌いなロッドメーカーを述べれる程経験もまだできてません。ダイワを選んだのは憧れのモアザンカムイツゥクシーを中古ですが手に入れることができまして今年のシャケ釣りからデビューしてみたのですが、呪いがかかってるみたいにまだ1匹もあげてません。。ただそこに魚がいなかったダケなんですけでど、6回行って6時連続ボウズはさすがにヘコみますwはやく呪縛が解けて自分の愛竿にできます様に今後も振り続けます。

・折れる。めっちゃ弱い。今まで信じて4本買ったが全て折れた。そしてAGSという名のいきなり壊れる値段だけ高いガイド。更にメーカーの塩対応。立派ですよ。

・すぐにヘタってしまう為。初期性能を維持出来れば逆に好きです。

・どのジャンルのロッドも中途半端。

・ハイエンドモデルが他のメーカーに性能負けしているのに、値段が高い。「ブランジーノの修理を頼んだのにモアザンの部品で返ってきた」という友達がいた。自分もラテオ、モアザンを持っていたが売却済みでそれ以上のモデルは買わないと思います。

・インターライン。投げてたら、飛距離がドンドン落ちていく。画期的と思い購入しましたが、残念。

・使ったことの無いメーカーの批判は出来ないので、使用しているアピアとDaiwaの2つのメーカーしか選択肢がありませんDaiwaのロッドはキャスト時にガイド絡みが起きやすい感がありますキャストの問題?弘法筆を選ばず上手い人は何を使っても使いこなすでしょう下手な人間こそ、道具の力が必要ですメーカーが使い方だと言い訳するなら、物作りなんてやめた方が良いです誰が使ってもパフォーマンスが発揮される物が成功品だと考えますDaiwaのロッドは安ければ安いほど絡みますどこのメーカーも安いほど粗悪かもしれませんが、AGSですら仲間がガイド絡みを起こしてるのを見ますモアザンとフージンを使ってますが、明らかにフージンはガイド絡みがほぼほぼ無いです逆にモアザンは決まったガイドでよく絡みます理由があるから同じ場所なのでしょうDaiwaは業界大手メーカーなのに、いまひとつな気がします

・ブランド料が高く、エアガイドシステムがとても折れやすいため。

・全体的にロッドが太いのと、デザインにこだわりすぎて、バランスが悪い気がする。また、AGSガイドは衝撃に弱いのと。少し不安。

・軽くて良いが、折れやすい。直近で、友人のモアザンAGSと、自分のラテオが折れたので。また、保証期限前後だったので、ソニータイマーでも付いているのかと思いました。

・良いロッドと駄目なロッドの差があり過ぎる。

・嫌いとまでは言いませんが、個人的にシマノに比べてロッドを持つ手が疲れやすく感じます。リールシートの膨らみが自分には太く、力んで握ってしまう。

・AGSが嫌いです。耐久性のないガイドは必要ありません。あとデザインがDQN

・高い竿が折れるという話をよく聞く。高い竿は大事に慎重に扱うけど、魚を釣ることにおいては曲げて振り抜いてナンボ。けどダイワは釣りの最中の扱いにも、かなり気を遣わないといけなさそう。あと、どうも子供が好きそうなデザインばっかりで個人的に微妙。

・手入れしててもガイドが錆びて割れたことがあったことやリールがシマノなのでなんとなく選択肢に入って来ないです。ヒラメ用のロッドも無いし。

・モアザンブランジーノ 94mlを購入使用2回目にして、ライン絡みによりAGSガイドが折れた。修理に出したところ、初期不良ではなく修理費が7000円となった。PEラインをメインとするシーバスゲームにおいて、PEラインでの使用でトラブルが発生しやすいガイドを売りにするのは欠陥だと感じた為

・売り方

・ブランジーノAGS …たかすぎ

・購入後すぐに折れたから

・テスターが中途半端な感じ。

・コスパが悪い。

・2回購入したが二本とも数回の釣行で折れた。

・感覚的に(笑)シマノしか使ったことがないのでよくわかりませんorz

・いっぱいありすぎて分かりづらい。保存袋などがシリーズによっては雑すぎる。

・AGSガイドが思いのほかもろく、非常に高い。また、修理に対するメーカー対応が遅い。商品の機能等に対する説明は抽象的なのに過度な装飾・広告により人を釣るのはうまい。

・嫌いというより、ライバルとされているシマノに比べてアピール等が少ない気がします。私がシマノを注目しているからかもしれませんが、ネットでよく見かけるのはシマノの方です。二大販売メーカーなので、素晴らしい技術を持っているのだからもっとアピールしてほしい。

・よく折れる。

・粘った時のパワーのなさ、高い、そもそもダイワのイメージが悪い

・スプールもデカくリール自体にパワーがあるのがいいヴァデルを使用しています。

・わたしには合わないメーカーです

・やはり大手メーカーということもあり、万人受けのロッドであまりしっくりこない。価格も別段安いわけでも無いので高くても自分に合うロッドを使いたいと思っています。

・軽さ感度を求めるのはとてもいいことだけど、すぐ折れる。釣り人にとって竿が折れるほど心が折れることがないから。

・たまたまだとは思いますが、自分が欲しいと思うちょうどイイ スペックが見つかりません。

・自分だけかもしれませんが、初期不良品を多く掴まされたので。

・アフターサポートの悪さが最大の理由。ロッド造りへの拘りが感じられない。

・なんか苦手

・AGS割れやすい、キオつかう…軽くて華奢なかんじ

・折れる。高いくせに折れる。AGSシリーズは最悪。

・そこまで嫌いではないがコシがないロッドが多い気がします!

・値段と品質が比例する。安い竿は折れる、割れる、ガイドが取れる等トラブル多発。初心者にプレゼントしたら3カ月以内にはゴミになる。プレゼントして、根掛りして無理やりあおって壊すバカは置いておいて、ビギナーズラックでかかった大物をもれなくリリースしてくれることが4~5回あると信用が無くなります。

・ラテオ89mを持っていますが、シマノのロッドより持ち重りを感じます。

・見た目はかっこいいが、好きじゃない。

・対アカメ用にラテオを購入しましたがMHのせいか使い辛くルアーだけが飛んで行く事が多いので、コスパが悪いロッドは嫌いです( ??? )

・仮にダイワとしましたけど正直、嫌いと判断するメーカーは今のところないです。すいません。

・他のメーカーに比べ硬い気がする。穂先が弱い。

・好きのうらがえしです、磯竿、ルアー竿、クエ竿、カゴ遠投竿、船大物竿等、投竿、ハイエンド商品含め相当なかず購入しましたが、後少しみたいなところがつねに残るから。商業ベースにのせる際に、大企業であるがゆえのコストカットとかが感性的に違和感をあたえるのかもしれない。一昔前の、がまかつの磯竿と今の磯竿も同じ感じがするかも!

・ださい、作るやつのセンスがわかる

・カッコいいけど高い

・テレビ番組に金かけてるからその分値段が高いように思ってしまう。(実際はそんな事ないのかもしれないがなんとなく気に入らない)

・使いづらい

・ロッドに限らず、クレーム対応が不親切に感じます。

・別に嫌いな訳ではないのですが、ずっとシマノだったので、何となくダイワは違うかなーと。

・ハリの強いロッドと比べで振り抜いた時に力がったらない

・最近は、きゃしゃな造りで好みでない。

・ダイワと入力しましたが嫌いなメーカーが無くそれ以外という項目がなかった為です。嫌いなるほどのロッドの数を試す資金がない。

・竿というかAGSが嫌い。軽さ、感度も必要かもしれないが、強度が不安。立てかけたロッドを倒したくらいで壊れる原因になりうるので、一度壊したことがある身としてはオススメできない。ただ、ダイワのブランクスの軽さは他社にはないような気がするので、その点はスゴイと思う。できればダイワブランクスのトルザイトを使ってみたい。

・友人が使っていて買って間もない頃に折れることがあったから。

・折れやすいイメージが自分も含めて、身の回りの人で折ってる人が多いデザインが派手過ぎる

・テスター、などを多用しすぎて価格ばかり高い印象

・見かけとコマーシャルにより値段を跳ね上げている。値段に見合う性能を感じられない

・嫌いとまでは、言い切れないが。。。アフターの脆弱感が他社より目立つ。金属穂先の寒時期の感度はやっぱり×

・軽いが耐久性がないと感じる。予備がないと一本だけでは遠征ができない

・どこに 行っても 使ってる人がいる。安心感が あるが 面白くない。

・ああ

・胡散臭い。

・アフターサービスがクソ・・・

・すぐこわれる

・全体的にテンションが硬め

・廉価版を出してるが、価格設定が曖昧。大幅値引きも良くあるが新製品なのか、旧製品なのか分かりにくい。手に持てば違いが分かるが、値引き幅がありすぎて安物か高価なものか分かりにくい。

・AGSガイド付きが高過ぎる。自分の回りでは、結構折れてる。

・ライバルな感じなので!

・キャストで折れたことがある

・以前使用していてロッドを折りました。なんと保証期間ギリギリの1日前に。釣具屋に出すとギリギリ

・昔、磯釣りをしていた時、磯竿(中堅機種)購入し、数回の使用でティップが折れ、店舗に持ち込んだら、メーカーに頼むと時間と費用がかかるからと店舗の方に補修してもらった事があった為です。その後もその磯竿のティップは2回折れました。もうダイワの竿は魚種問わず購入するつもりは無いです。

・月下美人のアジングロッドを使用していたら割とすぐに折れてしまいました。今はシマノとがまかつを使用。

・名ばかりで質が悪い。脆い。

・単純にダイワがあまり好きになれません。なぜでしょうか?自分でもよくわかりません。

・面積保証時の対応の悪さです

・モアザン折れやすい

・すぐ折れる、特にライトロッド。

・すぐ折れる、特にライトロッド。

・利益しか考えてなさそう。本当に釣りを突き詰めたメーカーとは思えない。如何にして顧客を釣るかしか考えてない。

・低レジン高弾性カーボンによって感度と軽さがあるが、圧倒的な粘りやトルク不足、破損の頻度、メーカーの不良品やクレームに対する対応の悪さが気に入らないため。

・ロッドのデザインがあまり好きではないです。でも、これは個人の好みなので竿の性能に関しては文句はないです。

・AGSは折れるから嫌い^^;曲がったぐらいなら使用できても折れると長い間釣りにいけない。

・シマノ派なので

・なぜかリールもロッドもダイワは好みではありません。ウェアや小物はダイワばかりなのですが、明確な理由はなく、使ってみてもなんとなくいいとこがない。

・安いのは使えないし、高いのは手が出ないのが極端な気がします。ただ、使ったことのないメーカーもたくさんあるから、この中で一番かどうかはわかりません。

・AGS等のダイワテクノロジーのゴリ押し。ユーザーにとった本当に必要な性能を追求していないから

・ダイワは2番目に嫌いなメーカーシマノの天敵的な。。一番嫌いなのはザウルス。昔、買って一投目で折れたから。

・使い方が悪かったのか、先が折れたことがあったので。

・大変素晴らしいメーカーであるとは感じているが、あまりにも定番過ぎるため、敢えて差別化を図った物を所持したいという反発心があるため。

・軽さだけを追求してる感が許せない。実際にどんなもんかと使ってみたが、何故か直ぐ折れてしまった。クレームで新品交換になったけど使う気になれない。

・柔らかいから

・柔らかい!

・シマノよりは太く無骨!振り抜きの心地悪さ粘りはあるが腰がない感じ感度が悪い!新品購入直後原因不明で折れた経験あり

・値段が高くてタイプが多すぎる。

・破損しやすい

・値段が高いのに沢山の人が使っているところです。

・1度使用し破損。その後の対応が悪すぎたために嫌いになった。

・折れやすい。ガイド飛びやすい

・スグにだれるというか張りがなくるような…

・なんでもAGSつければいいと思っているところ。最近の竿は装飾が派手でDQNぽい

・何度、折った事か…マックスの力ではバットから折れてます

・AGSロッドを使用していたが、なんだかブランク自体が軽量過ぎて脆い印象だった。使用感や、感度、軽さ等はひじょうによかった。しかしハードに使う私には向かない。

・AGSガイドが簡単に割れたため。

・ダイワの竿はスティーズを使ったことがありますが確かに軽く感度はいいですが強度や魚を寄せる力がないと感じました確かにスティーズはメンターロッドなんで強度や魚を寄せる力は必要ないかもしれませんがスティーズとシマノのグロリアスやアルティマを比べたらシマノも軽く感度もよく魚を寄せる力や強度が上と感じましたなので嫌いなのはダイワです5 6万出してただ軽く感度がいいだけなロッドならいらないです嫌いと言っても感性はみんな違うので一途には言えませんが個人的にダイワは嫌いです

・商売感を感じる。

・ステラがほしいから

・デザインはダイワいいのですがリールで嫌になったので、竿も好きではないです。

・ロッドが張りがなく、持った感じが重い!AGSが軽いとか言ってるが実際他のメーカーより重いロッドが多い。

・こんなスッカスカなブランクでよく売れるなと。金にモノ言わせてブランドイメージを作り上げるのに成功しましたね。

・グリップがイマイチ

・竿そのものよりも対応が・・・

・ダイワ、というよりもハートランドが嫌いだ。とても良いロッドであることは知っている。しかし、装置できないリールがあるとはどういうコトだ。それもマイナーメーカーやオールドリールならともかく、シマノの現行機種が使えないのである。消費者を馬鹿にしているとしか思えない。

・よく壊れた

・中途半端

・扱いにくい

・買ったrodがことごとくハズレ。ブラックレーベルシリーズを3本買ったがガイドスレッドの浮きが出たり、簡単に折れたり。

・数本使ってみたけど、折れやすい…

・話にならない。

・昔使っていましたが面白味のないので、

・Agsガイドはいいがキャストが決まらない、ブランク

・嫌いという訳では無いですが、すぐ折れるイメージがあります。

・嫌いな訳ではないですが、変わった性能を持ったリールを使ってみたところ、何かと使いづらい時が多々あったので。

・色々トラブルがあり商品に対して信用できない

・10年ほど前に購入したロッドですが、表記されたスペックよりも相当硬く、感度も悪くて棒のようなロッドでした。それ以来はダイワは購入していません。いまのロッドがどれほど良くなったのかは分かりませんが、当時の印象が強すぎて良い印象が持てない状態です。

・悪いことはないが性能の割に値段が張る

・自分はシマノのロッドを愛用していた時期があり、ダイワのロッドがそこまで嫌いでは無いのですが、しいと言えばブラックレーベルのベイトロットのトリガーが嫌いです笑っ理由はトリガーが少し小さい気がしてホールド感がイマイチ無いからです。

・前項で挙げた、軽くてパキパキの典型例で、ルアーの扱い易さという観点では、単純に誰でも簡単に使えるロッドとは思うが、自分の周囲でも、折れた!という話は多く魚が掛かった後においては安心感がない。特化して掛けるまでの竿としては良いがやりとりの楽しさは著しく損なわれているかと思う。

・自分に合わないから

・すぐに折れるイメージがある。

・ハイエンドモデルしか力が入っていない気がする。オフショアだとソルティガありきだし。それ以外はダメみたいな雰囲気がある。これは勝手な思い込みかな~。

・中空がのフィーリングが合わない

・高い

・そんなに嫌いというわけではないのですが、竿を振った時に全体がたわむ感じがして投げにくかった気がします。

・どうも、たるい気がして・・・・・めちゃめちゃ個人的な意見ですw

・修理期間が短い。よく折れたから。

・AGSガイドはクソ

・デザインが嫌

・リールは良いが、余り耐久性を感じない所。

・修理などのメーカー対応が雑なので

・場合によると思いますが、修理依頼の時、内容の割には代金が高い。また、メーカーの回答を読むと「長く使うのではなく、新たらしい物を買って下さい!」と思える対応だから。

・メーカーに電話したが、修理等に関しての回答が傲慢

・ダイワに限らず他の大手メーカーにも当てはまる事なんですが、ロッドのスペック表記が大げさですショアジグロッドで25~90gに適応しているロッドでも60gジグを振り抜くのも正直辛いですそれを参考にして買う為の表記がオーバーに書かれているのは残念な事ですし、その表記を見た者からすれば不信感や設計ミスを疑います

・自分には合わないから

・ブレイゾンの作りが悪かった、、(スピニング)

・強度がない。柔らかいロッドばかりで好みじゃない。

・フラッグシップモデルの竿でも海外生産しているから。あり得ない。それ以外の使い勝手、製品としては満足している。やはり大手メーカーなのでACG等の開発はすばらしいと思います。好きなんだか嫌いなんだか。笑

・シマノ派なので。デザインはダイワですが。。

・アフターフォローが悪い(対応が遅い)

・商品名がわかりづらいため。

・他をあまり知らないので、あえてのダイワ。竿自体が思ったより軟調な竿が多い印象なのと、修理費用が高いこと。

・安売り対象となる

・惜しい!!!この一言につきますが、技術は素晴らしいと思います。デザインと名前がダサいW(`0`)Wチタンティップの特許?を持ってらっしゃるのならライトゲームにもう少し力を入れて欲しい。技術あるから勿体無い。

・乱暴に使ってるつもりは無いのに折れるから。

・みんな持っているから

・使っている人が多いだけなのか良く折れているところを見る

・スティーズ2本がさっくり折れました。高いだけに、ショックも大きかったです。

・シマノ派なのでライバル的なダイワが嫌いですw

・たいした腕も持っていない癖に財力をいいことに使っている知人がいて、メタ褒めしてるのが嫌で嫌で笑こっちははじめて手にしたロッドを愛着持って接しているのに。

・値段相応な作りではない。ただの棒の様だ。

・丈夫だが、大味な感じで、若干固めのイメージ

・値段のわりに仕上げが汚い。AGSのロッドを以前買ってみたがガイドが半分以上斜めについていたし、ロッドを振ると内部のフェレールと思わしき部分からカチカチ音が鳴っていた。腰が抜けやすい気がする。

・高い。へたる。モデルチェンジがが早い(リール・ロッドともマイナーチェンジなのにフルモデルチェンジというところ)

・モデルチェンジが早すぎる。

・上級グレードに限定されるが、扱いがシビア過ぎる。ティップをちょっとぶつけただけでポキッ!といってしまい泣きを見ています。AGS も、フレームが剥離する、スレッドから抜けるといった具合でいい事無しでした。

・理由は特に無いですが2回折れたことがあるので自分とは相性が悪いメーカーです。

・他メーカーに比べると、値段の割にはパーツが安っぽい。高級、低級の分け方が自分とは合わない。低所得者(こづかい範囲という意味)の自分としては、二度と購入することは無いと思う。

・取りあえず必須項目なのでチェックを入れましたが、嫌いなロッドメーカーは有りません。全てを使い尽くしたわけでもないのにそんな評価が出来るわけ無いですからね。逆に嫌いなロッドメーカーが有る人ってすごいなと思います。面白いですね。

・年々、専用のものが高くなっている。

・特定のロッドに多いのですが突然折れる事が多いのが嫌いです。せっかく買ったロッドもひょんな事で折れてしまう事がありモアザンなど簡単に折れます。制作での瑕疵なのか運送中のものなのか定かではありませんが振り切ったときにきれいに折れるとかまず無いと思いますが、実際に数投しただけで折れています保証は聞きますが、アレはどうなのか疑問です。あと、飾り巻きがシマノに似ていて嫌いですwオリジナル感をもっと出して欲しいwモアザンはシャウラのパクリだと思っているほどです。

・一流メーカーなので高価なものから安価なものを販売していてるが、値段に比例して性能が上がるのは理解できるが、安価なロッドの性能が「安かろう悪かろう」的なので一流メーカーとして安いけど良いなと思うものを作って欲しい。シマノもまたしかり。

・相性が悪かった。よく破損させてしまい買わなくなった

・折れます。しかたないかもしれませんが、魚をかけては折れ、根掛かりであおっては折れ。それからは使用を控えてます。修理はしてもらいましたが、かけた魚と、無駄にした釣行時間はストレス以外の何ものでもなく、悪い印象が残ってます。今はきっと良くなったかもしれませんが、選択の対象からは外れてます。すみません

・いいと思う竿は、必ず価格が高い(笑)仕方ないのだろうが、なかなか手が出ない^^;ま、どのメーカーにも言えますが…

・シマノとしか比べてないが素直に嫌いな竿

・腰が抜けるのか早いように感じます…値段相応なのかな?

・この前使った時に折れたからです。

・モアザンを使ってガイドがすぐクラック入ってガイドが飛んで行きました。あんまり好きでわないためです!

・昔、ダイワのリールを使ってて、ダイワ病にやられて、リールはシマノ派になりました。その後、マグシールドが出たけど、なんかいまいち評判がよくない。早い話、リールがそうなんで、ロッドがよかろうとなんかすぐに買う気になれない。最近、ダイワから遠ざかってしまった。恨みはないですが。

・ロッドメーカーで嫌いなメーカーはなく あえて挙げるならダイワかなと・・・ただなんとなくです。

・シマノより感度も鈍くロッドの耐久性がない。折れやすい。軽いだけ

・キャスティングはほぼダイワしか売っていないから

・自分の扱いが下手なせいですが、新品で買って使うもすぐに折れてしまうところ。膝下から落としたら折れてしまったり、根掛かりを外そうと軽くロッドをあおったら折れてしまったりと。

・高いから

・ハイエンドから廉価モデルまで 同じようなロッドばかり 種類は多いのにバリエーションが少ない リールもだけどテスターの影響大!ルアー釣り・バス釣りの楽しみ方の偏りを感じる なんだか考え方が狭い気がする。

・ハートランドZまでは良かったが、モアザンになってからは破損が目立った。

・軽さ偏重傾向にあるため。

・AGSガイドがすぐ折れて扱いに気を使うから。

・見た目重視でバランスが悪いところ。品質がまばらせっかく最先端の技術を持っているにもかかわらず、使い道を間違えている。

・ロッドは軽ければ良いと思ってるメーカーw耐久性が無くロッド バランスが悪くて持ち重りがひどい…

・シマノもですが、リールだけ作ってりゃいいと思う。

・結構使ってる人が、多いんですけど、そこまで、いいとは私てきには、思いません。シマノの方が全然使える。

・なんとなくマグシールドのリールも嫌いだから

・最近使ってた竿が折れた折れるようなことしてないのに

・デザインが好きでは無い。

・ロッドがどうこうより、メーカーの姿勢が好きじゃない。

・感度、軽さだけ追求したため耐久性がない。

・曲げて取る的なコンセプト。ロッドパワーの割にティップがグニャグニャなのがキャストがしにくい。

・よく折れる(投げ竿)

・もう絶対買わない。モアザンAGSで外れを引き、修理代だけでブラジ買える値段に到達修理後1投でまた故障キャスティングで言われたのが「高い物は優しく扱って下さい」の頭にくる会話もうハイエンドは買いません。

・高い

・ハズレがたまにある。

・明らかにバッドガイドが最初から曲がってた(ガイドがロッドに対して垂直じゃない)のに異常なしで返された

・メジャークラフトと比較して、割高と感じたためです。(物にもよると思いますが…)

・竿も日本国外で生産されており耐久性が弱すぎる。値段も高いし、信頼度が無さすぎですね。

・ダイワのロッドは船竿も磯竿も値段の割には繊細さがない気がします

・色々なメーカーのロッドを実際に使った事があるわけではないので、このメーカーのロッドが嫌いというのはないが、強いて言えばダイワ。デザインがあまり好きでは無いのと、ダイワというメーカーのただの印象。ただの偏見かも。

・特にはないです。

・プチプチ折れるティップと、使えない免責保障。

・ここと34はティップメインで使いづらかったです。、

・同じ品名でグレード違いが多すぎて、グレードの低いものは使う気にならない。新商品の間隔が早すぎて買う気にならない

・過去に買ったばかりのロッドで、ガイドが根元から折れるという経験が二回あるのですが、どちらもらのめーメーカーだったので… もちろん、全てのロッドがそうだとは思っておらず、偶然引き当ててしまったのだと思っていますが。

・固くて感度があまり好きでない

・デザインが嫌いです

・保証が悪いから

・とりあえず高い?しかも外国で作っている?特徴があまりない!!

・MLの固さを好き好んで様々なメーカー様を使わして頂いておりますが、どうも感度としてあと1つ足りないような感じがします。

・ブランドにこだわり過ぎ。

・嫌いではないですが、一度折っているのとしっくり感がシマノよりない。

・シマノに比べたらまだまだかなと(*´Д`*)

・コンセプトがわかりません

・今までDAIWA党でしたが、結構な数のロッドが折れました。使い方が悪いかもですね(笑)

・なんであのロッドがあんな高いわけ?て感じです。完全に折れ竿のイメージです。

・中には良いロッドも有るが、特に高感度な竿は安心感が持てない。一番嫌いな所はリールシート!悪意さえ感じる排他的なメーカーの姿勢が出てて使う気になれない

・特にいいところも悪いところもない平凡なロッドが多い

・いい竿を作ってるとは思いますが、単に自分に合ってないと思います

・エントリーモデルはいいが、その上の機種から極端に値段が高すぎる。シーバスハンター~ラテオ~ラブラックス~他メーカーの道を辿る人を何人も見たことがあります。もったいない。

・AGSが嫌だから

・おっさん臭いイメージ。

・モアザンシリーズはちょっと張りが強すぎて弾く事が自分は多い。腕がないせいかバラシも多い気がします。

・磯竿のトップガイドがすぐ抜けるから釣り場に着いて使えない

・曲がらない。棒みたいなのが多い。重たい。

・同社のロッドを使用したことはありませんが、ダイワのリールであまりいい思いをしていないという事と、メンテナンス対応等の会社の対応があまり良くないと耳にするので・・・ロッドはいいのかもしれませんが、なぜか好きになれません。

・ガイドのスレッドコーティングが他のメーカーに比べて、剥がれるのが早い気がします。

・実際にシーバス、エギング、メバルとダイワ社のロッドを所有しているのですが、上記の好きな理由の反対でロッド選びの面白味に欠ける点で、嫌いと判断しています。エントリーモデルからハイエンドまで様々なタイプがありますが、絶対的な売りが少ない様に感じます。AGS搭載モデルの低価格化は嬉しいところですが、大きな所で差が無くなりつつあり、わざわざハイエンドを買うのは余程の上級者か所有欲を満たすだけなのかなと思います。ダイワ社やシマノ社の製品を使用した事のない方は、まずいないというぐらい釣り業界の入口でもあり牽引役でもあります。ネームが変わっても、中身があまり変わらない似た様な物が溢れ、流行り物に他社が同じ様な物を更に出す。選ぶ楽しみが減ってきたと実感しています。牽引役として、革新的な差別化をするとともに、全ユーザーに優しいメーカーに発展していただける様に、今回の評価としました。

・ロッドのハリを重視するので、少し弱い感じがする

・マグシールドあたりから、メーカーのやったり感が嫌。

・ださい

・シマノ派だから!ただそれだけ!

・有名メーカーですが、低価格帯のロッドがあまりよくなく思います。

・全体的に柔らかすぎでやぼったい

・ラテ○を購入して、初キャストで穂先が折れたため、、、見た目はカッコいいですが不安で使えないので!

・ダイワ買うならシマノ買う

・AGSガイドの恩恵が値段に対してつり合っていない。磯ヒラなどで使うには割れやすいのでむしろマイナス。

・これと言った特徴のない竿ばかりだから

・エギングロッドを購入して初めて使用した時に異変を感じて見てみたらガイドガイドおかしかったから

・最高機種が高過ぎる。値段と性能があっていない。

・全体的にブランクが薄巻きな印象が強い為感度は良いと思うが魚をかけてから止まってしまう竿が多いと思う為

・軽い、折れる。オリムピックも同じ。ジャンプライズ・・・。っぷ。

・無難な物作りしかできなくなってる。

・価値以上の価格設定。旧モアザンを購入し使用した際、この程度のロッドがなぜこの価格帯なのか、と、納得がいかなかった。また、アフターサービスもマニュアル通りの対応で、とても腹立たしい思いをした。ダイワ程の大企業になると人間的な温度感はまるでない。

・シマノ以外使ってないでわかりません。

・値段の割にリールシートがすぐ壊れたから

・とくに嫌いではないけどアピアとDAIWAしか使ったことがないのでDAIWA胴調子?っぽくて投げにくい

・価格が高い。自分のまわりでダイワのロッドいいよねとは聞かないから。

・なんかデザインが今一好きになれないからだけで、使えば良い竿だとは思いますが食わず嫌いみたいな感じです。

・物はいいけど、アフターサービスが残念。

・(原因はわからないが)不注意を除いて、使っていて折れたことのある竿がダイワしかない。自分の投げ方かもしれないが、イメージは良くない。

・ダイワが嫌いなわけじゃありません。嫌いなメーカーは無いので、とりあえずダイワを選択しました。

・大手のメーカー過ぎて面白みに欠ける。

・使った事はないですが、よく折れる話を聞きます。

・友人の使うAGS搭載のロッドはガイドがもれなく割れております。

・いい思い出がない。新品で数キャストごとにしっかり繋ぎ確認してたのに、繋ぎから飛んでジョイント上下にヒビ。クレーム出してもお客様の繋ぎが緩かったせいだとのこと。でもリールはダイワが好きです。

・折れやすい。

・伸びない!!好きだが伸びない!良きも悪きもDaiwa党

・特徴がない。

・安いやつ買ったら糸がリールに絡まって指切ったから笑

・なんでもかんでもAGSつけて値段あげるのはどうかと思いますね。ダイワとシマノが一般市場にガイドを卸せば、フジガイドと価格競争始まって、ロッド全体が安くなるのに。

・永遠のライバルがダイワ党なので(`・ω・´)

・アフターの悪さ使用1回目でロッドの先端(第1ガイドと第2ガイドの間)が折れたのでクレーム調べた結構こちらに非はないというような答え帰ってきたロッドを見ると第2ガイドと第3ガイドの間でロッドが折れてる聞いて見ると調べる為に折ったとのこと流石に切れて元に戻せと電話して、納得はしなかったが折った場所でガイドつけて返却アフター悪すぎとかいう問題じゃない

・デザインがダサい

・性能は素晴らしいと思いますが、カタログを見ていると対応ウェイトの表示が少し誇大なのでは?と感じます。初心者アングラーにとっては広ければ広いほど魅力的に思えるが、実際に使用すると…あとは見た目が派手に感じるので。

・何本か使ったことがあるが、自分には合わないといったところが本音です。破損する割合も高かった気がしてます。関係ないかもしれませんが、ダイワの営業マンやテスターの方とお話する機会がありました。その時感じたのが、愛想がなく、上から目線で物を言うんだなぁという印象をもったので、それから、ダイワ製品は買わなくなりましたね。

・ただアンチDaiwaなだけです。

・品質的には他のメーカーとそんなに大差はないと感じるし、そのわりには値段が高すぎて使う気にならない。種類が多過ぎて的が絞りにくい。

・とにかく折れる。いままで何本折ったか…

・これは全く個人的な感想ですがモアザンの修理代が高いからです。

・シーバスロッドのags搭載機種を2つ使っているが重さのカタログスペックばかりを追求して出来上がったものに後付けで売り文句を付加させているイメージがある為。

・DAIWAなのですが、いい竿も多数ありますが、買う気がないです。

・モアザン、モアザンブランジーノ、もう、折れる話しか聞かない!折れた断面見るとブランクスは薄いし、重量の割に持ち重りするし。有名人をテスターにかき集めて宣伝販売感半端ない笑 AGSガイドも剛性ないしバラバラになるしいらないです! リールもハイエンドリールのくせに華奢感も半端ないですね…

・そこまで嫌いというわけじゃないですがDのマークがちょっと……

・カーボン製のガイドは破損例も多く、軽いロッド(モアザンなど)は折れた例が多い。よって道具としては不向きと考える。

・重い割りには性能が悪い。

・弱い。

・トラブルの時の対応に呆れた(バカにしているとしか思えない)

・過去にagsが2回折れたので嫌いです。。

・外来物多すぎ

・シマノかダイワしか使ったことないから他のメーカーはよく分からないんですが、児島玲子さん好きだったのにダイワに行ってしまったからダイワかな

・まだ色々な竿を試してないため、これから使っていってみたい。ジャンプライズ、ボウズ、ツララ辺りが気になるところ

・知り合いがDaiwaなんですけど、今使っている竿より重量が重い。

・ラテオAGS、エポキシに自然と大きなクラックが入る、修理依頼して、全く連絡が、来ない。二ヶ月ほどだってから見積もりの連絡。なにやってんだよロッドだけとは言わず、リールも同じく。やっぱりシマノですね!シマノ買ってこんなに違いがあるのかー!と思うくらいシマノにして正解

・AGS付いてるから(強度弱いから使いたくない)

・嫌いというと少し大袈裟ですが…。私は実際使ったことが無いのですが釣り仲間からのあまり良い話を聞かないので(壊れた、扱いづらいなど)SHIMANOと同じような製品展開でダイワならではの突出したロッドというのはあまり無い(ように感じられる)ので、同じようなスペックならじゃあSHIMANOとなってしまいます。

・今年は三本折れたから

・一つの選択肢しか出来なかったですがまず釣り人が作って居ないと感じる所に不満を感じます

・昔からなぜか好きになれないメ~カ~リ~ルが好きになれないからかロットも好きになれないのかも

・使った事があるのがシマノとダイワしか無いので、嫌いとまではいきませんが、どちらかといえばダイワという事になります。理由としては、やっぱりキャストフィーリングがあまり良く無い気がします。自分はエギングロッドで、セフィアBB806mlとエメラルダス86mを使っていますが、セフィアの方はバットまでしっかりと曲がってエギを飛ばせている感じがしますが、エメラルダスの方はリールシートがゴツいのか分からないですがエギの重さをしっかりとロッドに乗せて飛ばすのが少し難しいというか感じ取りにくい感じがします。

・もちろん安い物もありますが値段が高い割に作りの雑な物しかないという印象です。ブランジーノに関しては国内産から外国製へと変わったのに大して値段は変わらずと、なんの為に今まで国内産だったのかと思っています。

・ショアジギング用に2本買ったのですが大物青物も難なくあげれるのですがとにかく竿が重い・・・・結局同価格帯のメジャークラフト製品を使っています

・AGSは大好きなんです。でも磯場でロックゲームするにはロッド自体が繊細すぎるきらいを感じます。もちろん丁寧に扱えって言われたらそれまでなんですが、磯で小傷は付き物。2本折れてからは、ちょっと敬遠気味です。ほんとはヤリエのロッドが一番脆いんですよね。選択肢になかったので投票しませんでしたが、38cmのクロソイ写真をテスターの方に見せたら、凄いですね、折れませんでしたか?って言われましたw

・高い。サーフの釣りにAGSは要らない。ガイドが欠けやすいから。

・AGSが折れた。修理が高い。コストパフォーマンスが悪い気がする。

・なんとなく

・高いです

・ロッドのスペック表記などはシマノの方がいいですね。せめてグリップの長さとか書いて欲しい。あと、値段が高いです。

・デザインは良いものの。かゆいところに今ひとつ届かないイメージ

・いい評判を聞かないから

・性能に対しての価格が高い高いので良い と勘違いして信望するアングラーが多いのもあるだろうけど・・・

・柔らかすぎたり重かったりで、扱いづらい

・高い雰囲気が金持ちのボンボン

・ブランクスはとてもいいと思うけど 自分の使い方だとあっという間に抜けてしまう ブランクスが薄すぎる感じ 価格が安いのなら 抜けも我慢するけど高いよね

・ダイワのロッドを買った時すぐに折れたのでいいイメージがありません!無駄に高い!

・価格設定が高過ぎ。安いモデルは使い物にならない。

・デザインがいまいち。釣りもファッション性重要度が増しているように思えます。

・金色を多用しすぎている ラブラックスを買ったが全くダメだった

・高いくせにあまりよくない

・テスターが楽しそうではないから、使う気にもならない。

・AGSって(゚ロ゚)

・1番周りに沢山いる。

・以前シーバスの50くらいを抜きあげた時に簡単に折れてしまいました、、自分の技術力のなさもあるとはおもいますが、SHIMANOではそうはなりませんでした!!

・高い

・ギア等の交換が自分でできないから。

・嫌いといえば語弊が生じますが、ブランクスの柔さが苦手です。後は扱い方かもしれませんが他のメーカーより折れた回数は多いです。


好きなロッドメーカーランキング