BOUZプロダクション(ボウズプロダクション)

No.16
ポイント 1
メーカー特徴 【自社窯」【OEMブランク(ゼナック)】【国内生産】
免責保証 なし

時代の変化と共に評判も大きく変わってきているボウズプロダクション。アフターサービスに難ありか!?

好きと答えた人の意見

・汎用性の高さが際立っており、これぞ【釣竿】という武骨さがある。

・慣れるまでが大変ですが他社のロッドと比べると飛距離が全然違います。一見使いにくいロッドとは思われがちですが使いこなせれば軽いルアーから重たいルアーまで幅広く使え魚を掛けてからのやり取りがとても楽です。魚を確実に取るロッドではなく魚とのやりとりを楽しむロッドだと思います。

・使いやすいから

・釣るために必要なコンセプトを重視して、誰でも優位に釣りを進めることが出来るように作られてるのが好きです。高いですけど。

・「昔の」BOUZプロダクションです。メーカーが毎年恒例で行っていたアウトレット品販売に申し込んだ際に代表のY氏が何度も直接メールでやり取りしてくださり、その言葉からも竿に対する熱意を感じることができました。特徴的な調子と美しいデザインも大好きです。その時買ったC3はだいぶ傷みが目立つようになりましたが、棺桶に一緒に入れてほしいほどの宝物です。

・飛ぶ、好感度、投げやすいと、どことっても最高のロッドです。グリップも、FUJIのものでなく、独自の物で、とても握りやすいし、感度もある。細分化されたロッドではなく、オールラウンダー。使い分けしなくてもいいから、1本あれば一年中シーバスが、楽しめる。サイズに合わせて曲がり、魚が嫌がらない感じがします。投げるのも、軽い力で飛ばせるから、一日投げても疲れない。

 

 

嫌いと答えた人の意見

・シマノ、ダイワ以外なにを売っているのかさえ認識していない。シマノ、ダイワが、できないことが他メーカーができてるとは思えない。

・リールのイメージが強すぎて竿のイメージが無い

・プレミア感

・「今の」BOUZプロダクションです。正直今回のアンケートにちゃんとその名の挙がったことさえ驚きでした。上記のC3の修理の問い合わせをしても、もう何ヶ月も音沙汰無し。元々ユーザーに提供される情報の少ないメーカーでしたが、それでも櫻井釣漁具に吸収される以前は、たまに更新される開発ブログはとても読み応えがあり、このメーカーを信じるのに十分足る内容でした。今はその更新もありきたりな釣行記で頻度もひどいもの。そして何が一番ダメかというと製品そのものが売っていません。今も自分の周りにはC3を新しく買い換えたいと願っている以前からのユーザーも居るのですが、完全放置な姿勢。それでは¥5万超する製品の品質も、とても信じることはできません。とにかく残念です。

・それぞれ 個性だとおもいます 聞いたことがないので…


好きなロッドメーカーランキング